きらめきおばけ

隣国のきらめく男子たちの記録

私がキム・ヒチョルと出会ったころ

なんのことを書けばいいのかな、とずっと考えていたのですが、まずはこのことから書きたいな、と思ったので。

私がキム・ヒチョルに出会ったのは、2010年のお正月のことでした。

 

2009年の秋〜冬、東方神起の解散騒動に揉まれ続けた私にとって、2010年のお正月は今思い出してもとても悲しいものです。

2008年にはあんなに嬉しそうに出演していた、夢だったと語っていた紅白歌合戦の大舞台。外国人アーティストが、自分たちの年末年始を日本に捧げてくれることが、私は本当に嬉しかったのです。ハモりがあるときには横並びの立ち位置で必ず、目を合わせて歌い合うのが彼らの決まりでした。でも、2009年の紅白歌合戦では、5人は誰一人として目を合わせることなく、じっと正面を見据えたまま、全員虚ろな瞳で歌っていた。あんなに悲しいStand by Uは、あんなに悲しい東方神起は初めて見た。どこからどう見ても、私の知っている東方神起ではなかったのです。

 

私は特に、チャンミンのことが心配でした。テレビで観ると、明らかに頬がこけていました。自分のパートが終わるか終わらないかくらいのタイミングでパッとマイクを下げ、目が死んでいるように見えました。それを見た何も知らないスポーツ新聞の人たちは、チャンミンが紅白でやる気がないと叩きました。日本の事務所の社長も、ツイッターチャンミンについて、ちょっと誤解を生むだろう発言をしていました。

でも、あの時チャンミンは22歳だったのです。デビューからずっと韓国芸能界のトップを走っていたら、いきなり落とし穴があって真っ暗なところに落とされて、自分の力ではどうにもできないところまで引きずり落とされた22歳の男の子は、何もできず、何も言えず、ただただ苦しんでいるように見えました。

 

チャンミンが心配で心配で、チャンミンの動向は特に丁寧に追っていました。そのとき、韓国でチャンミンがスーパージュニアのキボムの舞台の応援に行ったというニュースがでました。1月のことだったと思います。

 

f:id:heeperoperox:20160827022913j:plain

 

今見ても、このころのチャンミンの表情や痩せ方は、本当に胸が痛みます。

そして、記事ではスーパージュニアの別のメンバーも同席したと報じられました。

 

f:id:heeperoperox:20160827023101j:plain

f:id:heeperoperox:20160827023115j:plain

 

チャンミン痩せたな〜とか思っていたら、なんか、隣に、室内なのにめちゃめちゃぐるぐる巻きの不審者おるやん!!!!!!!!!!ということに気づきました。

これが、私とキムヒチョルの出会いです。

 

つづく。

教養としての東方神起

5人時代の導線などまとめ。

 

◎5人を覚える。

これさえ見れば確実に一瞬で覚えられる!!!!!!!!!!

www.veoh.com

3分でわかる東方神起と、SMに入った順にメンバーの特徴などを紹介する神采配!

 

◎とにかくイル活が面白い。

まず入りはイル活を。キュートでおちゃめで仲良しな5人。日本語上手ね〜とにこにこしながら見守りましょう。

・music fighter「もっと日本語を上達させたい」

www.youtube.com

・ツボ神起

 

この辺で、ペンが作った面白動画を観るのも乙。

・最強チャンミン伝説

www.youtube.com

ちゃみがいかにヒョンに愛されているか分かる最強マンネ動画。

 

 

さらにバラエティーを見たい場合はこんなのもあるよ。はよパフォをという場合は次に移る。

・しゃべくり007

www.youtube.com

 

 

◎イルパフォはライブの入りがかっこいい!!(あと、一人ずつ出てくるので顔を覚えられる。)

・ZION:日本2年目、しびれる!!

www.youtube.com

 

◎とにかく歌!!

・Love in the Ice:ジュンちゃんって天才なんだなという実感。ちゃみ作詞。

www.youtube.com

・日本曲カバーメドレー:ライオンハートなどは本家よりも、、、

www.youtube.com

 

ここまで見ると、なんか可愛くて面白くて歌うまくて、時々ちょっとかっこいい集団というイメージですが、ここで!!!!!!本家!!!!!!!!!韓国の活動を観てみると!!!!!!!!!!!!!!驚愕のSMの神プロデュース能力を感じることに!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

◎本国活動

韓国では、SM主導の超ドSプロデュースなので、えっ、えっ、これ、日本にいたあの可愛い子たちなの!?!?!?えっ、なんなん!?!?!?!?!?!?!?!?という事態になります。

・hey, don’t bring me down:タイトルから大体ニュアンスはわかりますが、「俺を普通の男だと思うなよ」的なニュアンスで圧倒してくる。私がこの世で最も好きなライブパフォーマンス。

www.youtube.com

・Mirotic:代表曲だけど、危険すぎて18禁に。「お前は俺の奴隷」とか言ってて冷静にやばいので、日本語字幕で見ましょう。

www.youtube.com

・Wrong Number:この頃ひどかったサセンペンへの忠告を、本人たちに歌わせるという事務所の神采配。

www.youtube.com

 

しかし!!!メンバー作曲になると、とたんに少女漫画のように、永遠の愛を提示してくるのです!!!!!

・Picture of you:じゅんちゃん作曲でこの頃全員ビジュアルも神

www.youtube.com

 

 

結論:どこまで揺さぶれば気がすむのかお前たちは。

 

 


◎番外編1

ラジオの小ネタ、最高にかわいくて面白い

・ユノの愛が足りないジェジュンと壊れたジュンス

www.youtube.com

ジェジュンの筋肉、アリかナシか

www.youtube.com

 

 

◎番外編2

個人で気になる子ができてしまった場合はコチラ。

・ユチョン:これは名パフォ

www.youtube.com

ジェジュンリードボーカルの圧巻の歌唱力

www.youtube.com

・チャミ:ラストの高音が圧巻

www.youtube.com

ジュンス:歌のみのソロでも十分なのに、あえてタンスパフォーマンスにさせられてしまうところが天才だった。あと、このパフォ、おキーが出てるよ。

www.youtube.com

・ユノ:えっっろという感想

www.youtube.com

 

 

以上!

分裂の経緯はそれはそれはおぞましいものです。