きらめきおばけ

隣国のきらめく男子たちの記録

私がキム・ヒチョルと出会ったころ 2

前々回の記事の続きです。

 

私が、キボムの舞台のお祝いに来た、室内でぐるぐる巻きの不審者的キム・ヒチョルに出会ったとき、私が持っているスーパージュニアの全情報は以下の通りでした。

1、なんか東方神起の友達

2、なんか人数が多くて、太った人とかもいる

3、ソリソリが流行ってる

4、最近中国人が訴訟を起こした

 

ハン様が訴訟を起こしたのは、2009年の12月のことでした。東方神起の3人の後追い的に訴訟を起こしたことにより、なんだかSMは訴訟まみれの事務所であり、みんな我慢できないほどアイドルの扱いが酷いというイメージになり、「ほら、やっぱりヤバい事務所なんじゃん!」という論がトンペン内で加速したのを覚えています。

 

こんな時にぐるぐる巻きの不審者、一体なんなんだ…と思った私は、キム・ヒチョルという名前を知りました。シンデレラという意味不明のあだ名も、女装が恐ろしく美しいということを知りました。そしてヒチョルは、最近訴訟を起こしたと噂のハン様と、とってもとっても仲がよかったことを知りました。

真ん中のハンチョルのラブラブぶりがすごすぎて(1:30〜)、見ていて恥ずかしいくらいに……

付き合っている、という確信。

 

SJ初期のヒチョルは、正直メンバーの誰にも心を許していないようで、いたずらっ子だけど本心を話せる人は誰もいないようで、鋭いナイフのような危うさを持っていて見ていてヒヤヒヤすることが多いです。特に、ドッキリでわざと怒る演技をする場面などがよくバラエティーで出てきましたが、おそらく普段からこんな感じでメンバーにキレてるんだろうな…と思うような雰囲気で、正直弟たちにとっても、扱いにくいお兄だったと思います。もちろん、ジョンスにとっても。でも、ハン様の隣にいるときだけ、ヒチョルは心を許したように穏やかで優しい雰囲気で……

私が東方神起の解散騒動でどん底にいて、5人の情報を血眼で漁っているときに、奇しくもヒチョルも唯一のメンバー内親友であり理解者のハン様を失った悲しみでどん底にいたのでした。

 

ハン様を失ってからのヒチョルの苦しみ表明は、とてつもなくストレートでした。この人、いつも問題が起こるたびに率直に意見表明をしてよく炎上したりしていますし、歯に衣着せぬ物言いが仇となり、アンチが多くて大変そうでしたが、ハン様を失ってからのヒチョルの苦しみ表明経緯は、あまりに率直で、率直すぎて、こんなことまで言っていいのかしらと心配になるほどでした。

12月、訴訟直後、ヒチョルのcyのスキンが真っ黒に

そのまた直後、cy完全閉鎖

年末年始にかけ、音楽番組を欠席(確か、MCを降板したりもしていたような…)

cyに上げる文章も、痛切な悲しみがこもっていました。(ヒチョルの韓国語を私が翻訳機にかけて、適当に日本語を整えただけです。)

水魚之交

大変な時そばにきて 酒一杯交わした人がいないね
楽しい時そばにきて 共に笑った人がいないね
悲しい時そばにきて 一緒に泣いた人がいないね
毎日そばでどうのこうの 争った人がいないね

これはびっくりしたっけなあ…

客窓寒灯

一人で歩く練習 

ハン様の荷物が宿舎から運び出されたあとは、猫と自分ひとりだけの部屋に、開きっぱなしの扉のスキンにしたこともありました。

そして、4月ごろの、カムバ前のこの書き込みを見て、私は心底ヒチョルのことがすきになりました。

私には友達が一人いる
韓国語は下手だが、中国語をとても上手にする
歌はそのまま上手にするが、踊りは本当によく踊る
私は猫が好きだが、その友達は子犬が好きだ
私は料理をできないが、その友達は料理が上手だ
私は毎日悪口を言ったが、その友達は笑った

 

本当に..

過ぎてみると、よくしたことが一つもなくて…
本当に申し訳なく..
そばにいた時よくしたのが一つもなくて…


別に感傷的な性格ではないんだけど。。
そのまま取ったようで涙が出るのを、酔ったようだな…
ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ

そばに誰かいるということはとても大切で幸せなことだ

私は年を取って大人になってもそれを分からなかった

ところで
一歩遅れて.... 今は分かった.. 私、本当に..ふふふふ

ある時上手にするという話がわけもなくあるのではないようだ^-^
会いたい.. という言葉がこのような時使うようだ(-┏)

 

悲しいシーン撮る時もうまく出なかった涙が
今はあまりにも痛く流れる 

ハン様を失って、ギリギリの精神状態だったことがわかります。他のメンバーもショックは色々と表明していましたが、ヒチョルのものは、質が全く違いました。

そして涙のSS2上海。SS2は昨年から、ずっとハン様と一緒にやってきた舞台でした。訴訟の数日前まで、相変わらずの熱愛パフォーマンスを見せつけていました。

f:id:heeperoperox:20160828023636j:plain

 

きっと、色々思い出したのでしょう。そして、もういないということを実感したのでしょう。悲しみはひとしおだったようで…

f:id:heeperoperox:20160828020941j:plain

さみしそう…そしてShining Starでは…

f:id:heeperoperox:20160828021009j:plain

 

2010年3月、東方神起は最後の頼みの綱であった日本での活動を休止しました。私は信じられないくらいのショックで、しばらく(文字通り)泣きながら寝込みました。5人のいない日々なんて考えられなかったのです。そんな時だったからこそ、ハン様を失ってもがき苦しむヒチョルの表情が、とてもとても胸に刺さりました。

 

「 そばに誰かいるということは、とても大切で幸せなことだ」

一番大切なハン様を失って、メンバー内で孤立していたところから、メンバーがいる幸せをヒチョルは噛み締めたようでした。ハン様がいなくなってボロボロの精神状態だったときに、随分と弟たちに助けられたようです。その後の5月〜のカムバは、今までのヒチョルとは全く違うものでした。

www.youtube.com

BONAMANAの前座曲としてよくやっていたBoom Boom。放送された日、びっくり仰天しすぎました。

「ヒチョル、めちゃめちゃ踊っとる!!!!!!!!!!!!!!!!!!曲の最初から最後まで全部出演しとる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

www.youtube.com

「BONAMANAでは、正直微妙そうな関係だったジョンスとめっちゃ仲良さげな演出しとる!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

ソリソリの時には、曲の最後の方にだけチラっと出演するだけだったヒチョルが!

www.youtube.com

あんなに神曲のノラゴだって頑なに最後にチラッと出演のヒチョルが!

www.youtube.com

 

リパケのNo Otherでも、めちゃめちゃ楽しそうにしている!!!!!!!!!!!!!!!!!そしてメンバーと仲よさそうにしている!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

www.youtube.com

元から俳優志望だったヒチョルは、ダンスも歌もしっくりこないようで、ダンス担当や歌担当の弟たちに引け目を感じているようにも見えていました。そして、そんなこんなで、なんとなくメンバー内での居場所も作れなかったのか、作りたくなかったのか、そんな感じだったのだと思います。3集のタイミングで、キボムのようにフェードアウトしてしまいたい気持ちもあったのかもしれません。(宿舎から出て行った話もありましたし…)

しかし、4集のカムバでは、しっかりと自分の役割を演じきっていました。「アイドルなんだし当たり前だろ」と言われるかもしれませんが、ヒチョルにとっては、ようやくスーパージュニアとしてがんばる、という気持ちが芽生えたカムバだったように感じます。そして、メンバーを大切にするという気持ちも、同時に芽生えてきたようでした。

 

ハン様を失って、生まれ変わったヒチョルの輝きに私はすっかり虜になりました。ハン様と一緒にいた頃の閉じたガラスのハートの少年ヒチョルと、ハン様を失って生まれ変わってスーパージュニアのメンバーとして生きることを決意した大人ヒチョル、ひっくるめて全部全部好きになりました。

f:id:heeperoperox:20160828023501j:plain

強心臓での笑顔、本当に素敵だったなあ…

東方神起を失った穴はぽっかりと空いているけれど、ヒチョルが日々元気になっていく姿を見るのがとにかく楽しく、嬉しかったし、夏頃からは徐々に破天荒な言動も戻ってくるようになりました。東方神起の分裂騒動や、その後の3人の発言などについても、言うべきことはきちんと言ってくれました。とにかくヒチョルはどん底の私と同時期にどん底にいて、その後華麗な復活をとげて私の精神もそこまで引き上げてくれた存在なのです。神様はここにいたんだなあと思いました(宗教)

 

 

そして神様はその後も活動中なようで。

f:id:heeperoperox:20160828023156j:plain

おそらく、ユノとジェジュンのつながりには、何か、何かこの人がしてくれているような、そんな気がするのです。3人と事務所との大変で困難な問題についても、直接的な影響力はないにしても、神話兄さんとのつながりの場に同席したりと、何か、何かしてくれているような、本当に心の広く、深いお人なのでした。

愛を乞うスーパージュニアと、愛を乞わせる東方神起

2003年デビューの東方神起と2005年デビューのスーパージュニア。この2組は、年齢層もほぼ同じで、デビュー前には横断的にグループを組んでデビューを目指していたことで有名です。(ヒチョルユノジェジュンカンインや、ソンミンウニョクジュンスなど)

しかし、デビューしてからの彼らは、正反対のプロデュースをされていました。この2組を生み出した時のSMのバランス感覚とプロデュース感覚は、ちょっとやっぱり尋常じゃないもののように、今振り返ると思います。そして、この2組の圧倒的な差異が、あのころの私を熱狂させたし、それは今に繋がっていると信じている。ので、今日はちょっとこの2組の関係性とプロモーションの違いを見ていきたいと思います。

 

この間、東方神起とスーパージュニアの関係を明確にMCの方が捉えておりました。

東方神起とスーパージュニアなんて、王様と乞食みたいなもんじゃん!」

スジュのみんなはハハハ…と笑っていましたが、この例えはあながち間違いではないところが悲しいですね。

 

 

東方神起に付与されたポジションは、

・王道

・王様

・カリスマ

とにかく、アイドルの王道を突き進む集団でした。それもそのはず、SMエンタの原点であり、K−POPの歴史に燦然と輝くH.O.Tの正式な後継者として集められ、韓国のSMAPを作るという壮大な目標(ゴールデンプランと呼ばれていました)のもと、大切に大切に作られてきたグループだったのです。完璧なプロモーションの結果、デビュー直後の1集から、東方神起は韓国はじめアジア中から熱狂的な支持を受け、一瞬にして、10代の少年たちがスターダムに押し上げられました。

(日本での道筋はまた別ですが、そしてこの韓国⇄日本の音楽界の齟齬を最も最前線で身を削って受けてしまったがために、この完璧なグループはわずか6年で空中分解してしまったと私は推察しているのですが)

 

一方のスーパージュニアに付与されたポジションは

・邪道

・エンタメ集団

・なんでもあり

デビュー以来、常に1位、第一線をひた走っていた東方神起とは対照的に、スーパージュニアの滑り出しはあまり芳しいものではありませんでした。それもそのはず、事務所の方針が全く定まっていなかったからです。当初は、韓国でいうところのAfter Schoolのような、というかお手本にしたのは90年代〜00年代初頭のモーニング娘。ですが、卒業制・入れ替え制を取ろうとしたらペンの猛反発にあい、結局キュヒョンだけを後メンバーとして追加するもその後は人数固定制というなんともグダグダなグループでした。

もちろんその最大の被害者はメンバーであり、仲は悪いし、揉めるし、人数多いから一人当たりのパートも少ないし、その割に東方神起と比べて明らかに経費をかけてもらえないしで、散々だったと思います。Marry UのMVなんて、今見ても本当に酷い。よく今のところまで持ち直せたと思います。このグループの軌跡も本当に凄い。

 

 

まあそんなこんなで、2つのグループには全く対照的な価値が半分くらい計算で、半分くらいは成り行きで付与されました。スーパージュニアも徐々に人気をつけ、2集のリパケでは1位を取れる程度の実力も備わってきました。そして、あの2008年〜2009年、東方神起1年7ヶ月ぶりの4集カムバ、スーパージュニア3集カムバへと突入するのです。

事務所のグループに対する姿勢が最もよく表れるのが、カムバのプロモーションです。アイドルにとってカムバは、日本のシングルリリースの重さとは違い、その1回で全てが決まる重さを持っています。そのカムバ曲で何を見せるかによって、アイドルの価値が決まるし、評価も決まる。アルバム曲が全てダメでも構いませんが、カムバ曲は絶対に絶対に、外してはならないし、そのグループを象徴する存在でなければならないのです。

 

まずはお互いの代表曲から見てみます。両曲は1年違いで発表されましたが、ひたすら1位を取り続け、ペンのみならず、一般社会まで浸透していた印象があります。少女時代のgeeの流行とも重なり、SMが単純に楽曲で席巻していた時期でした。

和訳は、基本的に事務所公式DVDの日本語字幕の書き起こしです。これがおそらく、事務所の意図に最も近い翻訳なので最も参考になります。日本語おかしいところが多々ありますが。

 

・Mirotic(呪文)東方神起, 2008

www.youtube.com

始まりは甘く、ごく自然に俺に惹かれるんだ

いつだってそうだったみたいに 先に声をかけてこいよ

どんな可能性があるかわからないだろ oh

愛とは何々である 何々である!

飾りにすぎない言葉 Red Ocean

俺は  breakin me rules again

わかってるだろ 退屈だって?

少しくらい傷ついたってお前は平気さ oh

 

お前は俺を求め 俺に夢中で

狂いそうで 抜け出せない

I got you under my skin

お前は俺を求め 俺に夢中で

狂いそうで お前は俺の奴隷

I got you under my skin 

 東方神起は、常に完璧な王様的存在なのです。自分たちを好きにならない者なんていない、という前提条件があるのです。そのため、歌詞も高圧的で「俺たちを好きになるのが当たり前」的なスタンス。「少しくらい傷ついたってお前は平気さ」とかいう歌詞は正直びっくりしました。10代のいたいけなアイドル好きの女の子に向ける言葉としては少々厳しすぎる。とにかく、好きになってくるのはお前、的なスタンスでこちらを圧倒してくるのです。

アイドルの仮面をつけさせながらも、彼らは本質的にはアーティストである、というのがこのグループの特徴でもあります。そのため、ペンの求めるアイドル的価値と、自分たちの持つアーティスト的自負の板挟みになったメンバーが、事務所の方針についていけなくなったというような気がしています。

 

 

・Sorry, Sorry Super Junior ,2009

www.youtube.com

眺める瞳の中に、瞳の中に、

僕はまさに何かに取られたようなやつ

歩いてくる君の姿、君の姿

君はまさに僕のハートを踏んできたよう

 

Sorry Sorry Sorry Sorry

僕が、僕が、僕が、先に

君に、君に、君に、はまって

おちて、おちてしまえBaby

Shawty Shawty Shawty Shawty

目が眩しくて、眩しくて

息苦しくて、苦しくて、

僕が狂ってしまいそう Baby 

スーパージュニアのソリソリは対照的に、素敵なアナタに夢中の僕、というスタンスの曲です。力なき者の戦法、下手に出て愛を乞うのがスーパージュニアなのです。デビュー当時はやんちゃな男の子たちという印象でしたが、3集では衣装にスーツを着させました。(ここからスーパージュニアはスーツを着させとけば最強説が始まります)

ちょっとオトナなお兄さんたちが、「美しくて素敵なアナタに夢中」と言うのがスーパージュニアのメンタリティーの基本です。そのため、スーパージュニアのメンバー内にはアイドルに徹する、アイドル的割り切りが爆発的に生まれてきて、それが長寿グループの秘訣となっていくのです。

 

 

他の主要曲のスタンスも、ほぼ同じです。

 

 

 ・HEY!  (Don't bring me down)   東方神起,2009

www.youtube.com

Hey, dont bring me down

普通の男と一緒にするな

愛し方を知ってる男なら

いつでも立ち止まらない道を選ぶんだ

Hey, dont bring me down

渡り鳥みたいな男だと思うな

最後の瞬間に お前の男が誰なのか見てろ

 

二度と俺を揺さぶろうなんて考えるな

ありのままの俺を見ていろ

今どきの人々の視線に合わせて

俺を価値のない男にするな

ミロコンのパフォーマンスは、私が今まで見た全パフォーマンスの中で最も好きなものです。東方神起のカリスマ性の結晶。

この曲のストーリーは、一応、 アイドルらしく、彼女に振られる寸前の男の話です。彼女が自分を試そうと、部屋から出て行こうとしています。スーパージュニアだったらここで「君がいない部屋は僕には寂しすぎて、頼むから戻ってきてよ」的なことを必ずいうはずです。(そういう曲が何曲もある)

しかし、東方神起は「二度と俺を揺さぶろうなんて考えるな」「最後の瞬間にお前の男が誰なのか見ていろ」と、超・高圧的。しかし、少女漫画にてドS男子が勝つ理論と同様に、こういう自信があって引っ張ってくれて、自分を痛烈に求めてくれる男性像が、10代の女の子たちを熱狂させていくのです。

 

 

・BONAMANA 美人 Super Junior, 2010

www.youtube.com

君は知っているのかいないのか 美しい人

どうかしてると言われても好きだ 美しい人

誰か伝えて my baby, to my baby

僕がここにいると 待っていると

 

Bounce to you Bounce to you 僕の胸は

君に向かって抑えきれないくらい 弾んでいるのに

Break down to you down to you 僕の胸は

君を手に入れられなきゃ 止まってしまう 

ソリソリヒット後の4集のせっかくのカムバなのに、とりあえずカムバしとけ的なノーコンセプト感に私は当時本当にびっくりして、スジュの扱いを嘆きましたが、この曲も本質的にはソリソリと同様です。

 

 

 

この正反対の姿勢は、東方神起の5人が解体してからも続きました。2人になって初めてのカムバ曲、『Why?』

www.youtube.com

歌詞については、諸説あるというか、体裁は彼女に捨てられた男の話になっていますが、誰がどう考えても事務所を捨てた3人をなじりつつも、俺たちは耐えてこの場所を、東方神起を守り抜くぜ的な歌詞で、常に紛糾してきた問題なのでスルーします。

冒頭で、2人とは別音声が

THIS IS RETURN OF THE KING

と叫びます。(これに震えたトンペンは多かったと思います。)

あくまで、人数が減っても、SMエンタは、東方神起がKINGであると示してくる。東方神起は永遠の王であるのだなあと、ゴタゴタがあった後でもそういう扱いをされるのだなあと、私はこの時に心底感動しました。

 

 

10周年のスーパージュニア、記念アルバム『Devil』

www.youtube.com

僕が今 言おうとすることは

ちょっと変かもしれない

なぜだか君はちょっと難しくて

僕はいつもてんてこ舞い

 

君は冷たくて熱いDevil

真夏の夕立シャワー

熱くなった身体を濡らした後に

そしてまた 喉を乾かせる 

君は遠い砂漠のオアシス

真っ赤な赤道の影

一瞬だけ喜びを味あわせて

そしてまた 喉を乾かせる

この曲については、ようやく、ようやく本気をだしたね…という感動もあり、超最高という感想しかないのですが、というかKポ曲の中で最も好きくらい好きな曲であり、この1曲についていずれ書きたいくらいですが、これもやっていることはソリソリ時代と全く変わりません。強いて言うなら、オトナの魅力というか、エロさが加わったぐらい。

 

 

 

 

常に愛を乞うてきたスーパージュニアと、愛を乞わせてきた東方神起。もちろん、アルバム曲では、東方神起は(特にメンバー作詞曲は)白馬の王子様のように優しく、女子を慈しんでいるし、スーパージュニアには遊び人っぽい曲も、高圧的な曲もあります。しかしやはり、カムバ曲というのが、事務所がそのグループをどう売りたいかが最も色濃く表れます。

この2組が対照的な存在だったからこそ、トンペンとスジュペンを掛け持ちする人は多かった。トンペンとビッペンは掛け持ちしづらいのです(共に王様なので)。こうして、SMエンタの巧妙なプロデュースにまんまとハマった私は、東方神起を失った痛みをスーパージュニアで癒しながら、そしてたまにSHINeeを眺めてニヤニヤしながら、順風満帆のKポ生活を繰り広げるのでした。(ヒチョルが入隊するまで)

この王道⇄邪道の緩急こそが、SMエンタ最大の武器かと思っていました。最近デビューのグループからその縦のつながりの緩急が失われつつあるのが若干心配ですが、きっと何か別の戦略があるのでしょう。今後もひっそり見守ります。

 

 

東方神起4集、スーパージュニア3集以前の、H.O.T系譜のSMPがまだギリギリ残っている社会風刺カムバ曲や、東方神起哲学三部作の考察などについては、またいずれ。

私がキム・ヒチョルと出会ったころ

なんのことを書けばいいのかな、とずっと考えていたのですが、まずはこのことから書きたいな、と思ったので。

私がキム・ヒチョルに出会ったのは、2010年のお正月のことでした。

 

2009年の秋〜冬、東方神起の解散騒動に揉まれ続けた私にとって、2010年のお正月は今思い出してもとても悲しいものです。

2008年にはあんなに嬉しそうに出演していた、夢だったと語っていた紅白歌合戦の大舞台。外国人アーティストが、自分たちの年末年始を日本に捧げてくれることが、私は本当に嬉しかったのです。ハモりがあるときには横並びの立ち位置で必ず、目を合わせて歌い合うのが彼らの決まりでした。でも、2009年の紅白歌合戦では、5人は誰一人として目を合わせることなく、じっと正面を見据えたまま、全員虚ろな瞳で歌っていた。あんなに悲しいStand by Uは、あんなに悲しい東方神起は初めて見た。どこからどう見ても、私の知っている東方神起ではなかったのです。

 

私は特に、チャンミンのことが心配でした。テレビで観ると、明らかに頬がこけていました。自分のパートが終わるか終わらないかくらいのタイミングでパッとマイクを下げ、目が死んでいるように見えました。それを見た何も知らないスポーツ新聞の人たちは、チャンミンが紅白でやる気がないと叩きました。日本の事務所の社長も、ツイッターチャンミンについて、ちょっと誤解を生むだろう発言をしていました。

でも、あの時チャンミンは22歳だったのです。デビューからずっと韓国芸能界のトップを走っていたら、いきなり落とし穴があって真っ暗なところに落とされて、自分の力ではどうにもできないところまで引きずり落とされた22歳の男の子は、何もできず、何も言えず、ただただ苦しんでいるように見えました。

 

チャンミンが心配で心配で、チャンミンの動向は特に丁寧に追っていました。そのとき、韓国でチャンミンがスーパージュニアのキボムの舞台の応援に行ったというニュースがでました。1月のことだったと思います。

 

f:id:heeperoperox:20160827022913j:plain

 

今見ても、このころのチャンミンの表情や痩せ方は、本当に胸が痛みます。

そして、記事ではスーパージュニアの別のメンバーも同席したと報じられました。

 

f:id:heeperoperox:20160827023101j:plain

f:id:heeperoperox:20160827023115j:plain

 

チャンミン痩せたな〜とか思っていたら、なんか、隣に、室内なのにめちゃめちゃぐるぐる巻きの不審者おるやん!!!!!!!!!!ということに気づきました。

これが、私とキムヒチョルの出会いです。

 

つづく。

教養としての東方神起

5人時代の導線などまとめ。(じげ用)

 

◎5人を覚える。

これさえ見れば確実に一瞬で覚えられる!!!!!!!!!!

www.veoh.com

3分でわかる東方神起と、SMに入った順にメンバーの特徴などを紹介する神采配!

 

◎とにかくイル活が面白い。

まず入りはイル活を。キュートでおちゃめで仲良しな5人。日本語上手ね〜とにこにこしながら見守りましょう。

・music fighter「もっと日本語を上達させたい」

www.youtube.com

・ツボ神起

 

この辺で、ペンが作った面白動画を観るのも乙。

・最強チャンミン伝説

www.youtube.com

ちゃみがいかにヒョンに愛されているか分かる最強マンネ動画。

 

 

さらにバラエティーを見たい場合はこんなのもあるよ。はよパフォをという場合は次に移る。

・しゃべくり007

www.youtube.com

 

 

◎イルパフォはライブの入りがかっこいい!!(あと、一人ずつ出てくるので顔を覚えられる。)

・ZION:日本2年目、しびれる!!

www.youtube.com

 

◎とにかく歌!!

・Love in the Ice:ジュンちゃんって天才なんだなという実感。ちゃみ作詞。

www.youtube.com

・日本曲カバーメドレー:ライオンハートなどは本家よりも、、、

www.youtube.com

 

ここまで見ると、なんか可愛くて面白くて歌うまくて、時々ちょっとかっこいい集団というイメージですが、ここで!!!!!!本家!!!!!!!!!韓国の活動を観てみると!!!!!!!!!!!!!!驚愕のSMの神プロデュース能力を感じることに!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

◎本国活動

韓国では、SM主導の超ドSプロデュースなので、えっ、えっ、これ、日本にいたあの可愛い子たちなの!?!?!?えっ、なんなん!?!?!?!?!?!?!?!?という事態になります。

・hey, don’t bring me down:タイトルから大体ニュアンスはわかりますが、「俺を普通の男だと思うなよ」的なニュアンスで圧倒してくる。私がこの世で最も好きなライブパフォーマンス。

www.youtube.com

・Mirotic:代表曲だけど、危険すぎて18禁に。「お前は俺の奴隷」とか言ってて冷静にやばいので、日本語字幕で見ましょう。

www.youtube.com

・Wrong Number:この頃ひどかったサセンペンへの忠告を、本人たちに歌わせるという事務所の神采配。

www.youtube.com

 

しかし!!!メンバー作曲になると、とたんに少女漫画のように、永遠の愛を提示してくるのです!!!!!

・Picture of you:じゅんちゃん作曲でこの頃全員ビジュアルも神

www.youtube.com

 

 

結論:どこまで揺さぶれば気がすむのかお前たちは。

 

 


◎番外編1

ラジオの小ネタ、最高にかわいくて面白い

・ユノの愛が足りないジェジュンと壊れたジュンス

www.youtube.com

ジェジュンの筋肉、アリかナシか

www.youtube.com

 

 

◎番外編2

個人で気になる子ができてしまった場合はコチラ。

・ユチョン:これは名パフォ

www.youtube.com

ジェジュンリードボーカルの圧巻の歌唱力

www.youtube.com

・チャミ:ラストの高音が圧巻

www.youtube.com

ジュンス:歌のみのソロでも十分なのに、あえてタンスパフォーマンスにさせられてしまうところが天才だった。あと、このパフォ、おキーが出てるよ。

www.youtube.com

・ユノ:えっっろという感想

www.youtube.com

 

 

以上!

分裂の経緯はそれはそれはおぞましいものです。

SJ簡易まとめ

SJの超簡単なまとめ(mochiさん用)

とにかく基本情報だけをまとめました。

 

 

◎メンバー

年齢順がとても大事なので、年功序列にいきます。本名⇄芸名が面倒くさいのと、エルフ(SJのファンクラブ名)があだ名を大量に作っていてそれも混乱の原因なので、そのへんをまとめました。

 

f:id:heeperoperox:20160818001117j:plain

・イトゥク(本名:ジョンス)

あだ名:トゥギ、リーダー、じいじ、爺

SJのリーダーで最年長者だけれども童顔なのであまりそんな風には見えない。MC能力が最強に高い。お調子者でうるさいけどすぐバテる。自分大好き。除隊済。

 

 

 

f:id:heeperoperox:20160818001607j:plain

・ヒチョル

あだ名:シンデレラ、レラ、ヒ様、ヒニム

SJの最年長ライン(83ライン)の片割れで、私の推し。顔面の綺麗さ担当。ワガママで超個性的、アイドルをやる気がなく一時脱退危機だったが、兵役前くらいからやる気になって最近はとても頑張ってる。除隊済。

 

 

 

f:id:heeperoperox:20160818001731j:plain

・ハンギョン

あだ名:ハン様

本体唯一のチャイナ面で、韓ドルチャイナメンのはしり。チャイナメンらしくパフォがすごくて、ソリソリまでは常にSJのセンター。韓国内の中国人芸能人の扱いと、事務所の待遇が辛くて2010年に中国に帰ってしまいました。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818002248j:plain

・イェソン(本名:ジョンウン)

あだ名:兄さん

最初目立たないけれど何故か魅力的で、何故かメンバー内トップクラスの人気メン。いつの間にか彼の魅力に落ちる(らしく)私も二推しといえば二推しです。超不思議ちゃんで天然でとにかく面白い。歌担当。除隊済。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818002349j:plain

・カンイン(本名:ヨンウン)

あだ名:カンイン

デビューした時は超イケメンだったのですが、太りました。が、今も痩せればイケメン。飲酒運転事故を起こして一番最初に禊的な入隊をしたものの、除隊してまた飲酒運転して今裁判中。乱暴なんだけど憎めない、ジャイアンみたいな感じです。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818002511j:plain

・シンドン(本名:シン・ドンヒ)

あだ名:シンドン

誰もがSJを見た時に一番最初に覚える。お笑い芸人志望でSMに入ったのに何故かアイドルになってしまった悲劇。が、めっちゃ踊れる上、空気も読めて、面白いことも言える最強のメンバーでできる子。入隊中。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818002639p:plain

・ソンミン

あだ名:ミン、ミニ、ソンミニ、カボチャ

最近ちょっとゴツいですが、とにかくエロくて乙女で可愛い子ちゃんだけどキメ顔もするというできる子で、踊り良し、歌って良しの万能メン。おとなし乙女だからよくいじめられてました。入隊中。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818003222p:plain

・ウニョク(本名:ヒョクチェ)

あだ名:歯茎、宝石、ヒョク、中敷き

ダンス担当でとにかくどの曲でも間奏で踊ってる人。ドンへと夫婦で、SJパフォの屋台骨です。とにかく優しくていい子。泣き虫でよくドッキリとか仕掛けられて泣いてる。入隊中。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818003041j:plain

・シウォン

あだ名:馬

ドンへとウニョクのことを大好きなホモ担当。顔が濃いので馬と呼ばれてますが、アメリカの有名な雑誌が選ぶ世界の美しい顔ベスト100で数多のハリウッド俳優を抑え2位に選ばれたという世界級のイケメンではあります。俳優業で韓国内で有名。入隊中。

 

 

 

f:id:heeperoperox:20160818003241j:plain

・ドンへ

あだ名:ドンちゃん、ドンへ、みん彼

ダンス担当でウニョクとは夫婦。とにかく振る舞いが彼氏っぽい。チャラく見えるけど案外そんなことなくて、心優しいいい子。人気はメンバー内トップクラスかと。入隊中。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818003358j:plain

・リョウク

あだ名:ぽよよ、リョギ

マンネラインの一角で、ソンミンと並んで超乙女メン。スッピンやだとかメイクがどうこうとか良く言ってて、内股。最初のうちはマンネラインで自己主張できなかったが、最近はすっかり怒らせると怖いマンネに。歌担当。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818003451j:plain

・キボム

あだ名:キボム

マンネラインの一角で、スーパー爽やかイケメン担当だったのですが、2009年くらいから活動になんとなくいなくなり、フェードアウト。ついに去年、事務所移籍しました。キボムがいると、古い映像。ハン様の件と違って、揉めたとかではないのであまり軋轢も残ってません。正直覚えなくても全く問題ない子。

 

 

f:id:heeperoperox:20160818003638j:plain

・キュヒョン

あだ名:ギュ、キュ、キューちゃん

SJのマンネですが超腹黒かつ背も高くかしこなので、全然マンネっぽくなく、ブラックマンネと呼ばれてます。実は最初は12人デビューなので、最後に加入したメンバー。ゲーム好きで引きこもりなので、日本では超童貞キャラ。歌担当。

 

 

◎構造

まず、もういないメンバーはハンギョン、キボムなので、全員揃うと11人。

上から順に入隊してて、今真ん中まで来たな、という感じです。

年長組=イトゥク、ヒチョル、イェソン、カンイン

とにかく年長を武器に振りかざし、主張もキャラも強い。

中間組=シンドン、ソンミン、ウニョク、シウォン、ドンへ

優しくて空気が読め、主張もそんなにない子が多いので、よくいじめられてる。

マンネ組=リョウク、ギュヒョン

腹黒でヒョン達によく復讐をしている。

よく言われますが、上と下が強く、真ん中が弱い構造。

 

 

 

◎曲

これさえ抑えればスジュの曲はオケ。(事務所もそんなに気合いれて作ってないので。)

 

・SORRY,SORRY(3集)

www.youtube.com

言わずと知れた出世作。ですが、いきなりこれを見ても顔面ばかりが出てきてなにもわからない、、、状態だと思います。(私がそうだった)

 

・It's you(3集リパケ)

www.youtube.com

ソリソリのリパケですが、これは本当に良かった…MVも珍しく工夫して作ってもらってて嬉しい。ドラマverが良いです。

 

・BONAMANA(4集)

www.youtube.com

ソリソリで売れたので、あとは適当にしとけば、って感じで出された曲ですが、なぜかめちゃ売れたので一応ご紹介まで。

 

・SUPERMAN(5集内)

www.youtube.com

気合いと魂のこもった歌詞なので一応代表曲です。表題曲ではないですが。

 

・Devil(10周年記念)

www.youtube.com

このMVはいちいち名前が挿入されるのでわかりやすいと思います!さすがに10周年だしお金かけてもらえてよかったね〜と泣きました。

 

ちなみに全然有名ではないし、存在すら忘れられてるのですが、私の一番好きなMVはコチラです。

・Sorry,Sorry Answer

www.youtube.com

 

 

◎動画など

SJはニコニコで見ると楽しいです。

 

・昔のメンバーはこのへんで見れます。スジュのドッキリはスーパー面白い。

 

・十周年記念の活動中ですね〜自己紹介あります。

www.youtube.com

 

・これが大体のSJのイメージです。

www.youtube.com

 

・オルアバ パジャマパーティー

 

・親友ノート

これがスーパー面白いけど、途中しかない…!

www.youtube.com

  

 

 

◎派生ユニット

SMが日本のモー娘。時代を参考にして作ったグループなので、なんかそんな感じのグループ内ユニットがあります。ぶっちゃけ最近は兵役でメンバー構成が色々複雑でほぼ機能してないので覚えなくても大丈夫です。フェードアウト中のユニットも、たまにライブでこのユニットで昔の曲やったり。

・SJ-M

中国進出のためのグループで、ハン様のためのグループ。一番気合をいれて活動してたのですが、ハン様脱退によりメンバー編成に変更などあり、今はそんなに活動してないです。このグループだけに参加するヘンリー・チョウミという中国人メンバーがいます。

・SJ-KRY

歌担当グループ。キュヒョン、リョウク、イェソンの頭文字をとってKRY。よくバラードとかやってて単独ライブもやってます。まだ活動中。

・SJ-HAPPY

初期に活動していたコンセプト不明のハピネスな感じのグループ。可愛いですけど存在価値が不明でフェードアウト。

・SJ-T

初期に活動していた、演歌をコンセプトにしていた意味不明のグループ。なんと、2007年頃に日本でぬるっとデビューしてなんとなくフェードアウト。韓国では一応、1位とかも取ってました。ネタ的な意味ではめちゃめちゃ面白い、これぞSJという感じのグループ。

・SJ-D&E

年長組が兵役に行って、これはやばいとなった時に、次にSJを引っ張る部分を作るためにできたドンへ&ウニョクのペアユニット。夫婦すぎるし、このユニットの単コンはウネ婚とか呼ばれてました。