読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらめきおばけ

隣国のきらめく男子たちの記録

私がキム・ヒチョルと出会ったころ

なんのことを書けばいいのかな、とずっと考えていたのですが、まずはこのことから書きたいな、と思ったので。

私がキム・ヒチョルに出会ったのは、2010年のお正月のことでした。

 

2009年の秋〜冬、東方神起の解散騒動に揉まれ続けた私にとって、2010年のお正月は今思い出してもとても悲しいものです。

2008年にはあんなに嬉しそうに出演していた、夢だったと語っていた紅白歌合戦の大舞台。外国人アーティストが、自分たちの年末年始を日本に捧げてくれることが、私は本当に嬉しかったのです。ハモりがあるときには横並びの立ち位置で必ず、目を合わせて歌い合うのが彼らの決まりでした。でも、2009年の紅白歌合戦では、5人は誰一人として目を合わせることなく、じっと正面を見据えたまま、全員虚ろな瞳で歌っていた。あんなに悲しいStand by Uは、あんなに悲しい東方神起は初めて見た。どこからどう見ても、私の知っている東方神起ではなかったのです。

 

私は特に、チャンミンのことが心配でした。テレビで観ると、明らかに頬がこけていました。自分のパートが終わるか終わらないかくらいのタイミングでパッとマイクを下げ、目が死んでいるように見えました。それを見た何も知らないスポーツ新聞の人たちは、チャンミンが紅白でやる気がないと叩きました。日本の事務所の社長も、ツイッターチャンミンについて、ちょっと誤解を生むだろう発言をしていました。

でも、あの時チャンミンは22歳だったのです。デビューからずっと韓国芸能界のトップを走っていたら、いきなり落とし穴があって真っ暗なところに落とされて、自分の力ではどうにもできないところまで引きずり落とされた22歳の男の子は、何もできず、何も言えず、ただただ苦しんでいるように見えました。

 

チャンミンが心配で心配で、チャンミンの動向は特に丁寧に追っていました。そのとき、韓国でチャンミンがスーパージュニアのキボムの舞台の応援に行ったというニュースがでました。1月のことだったと思います。

 

f:id:heeperoperox:20160827022913j:plain

 

今見ても、このころのチャンミンの表情や痩せ方は、本当に胸が痛みます。

そして、記事ではスーパージュニアの別のメンバーも同席したと報じられました。

 

f:id:heeperoperox:20160827023101j:plain

f:id:heeperoperox:20160827023115j:plain

 

チャンミン痩せたな〜とか思っていたら、なんか、隣に、室内なのにめちゃめちゃぐるぐる巻きの不審者おるやん!!!!!!!!!!ということに気づきました。

これが、私とキムヒチョルの出会いです。

 

つづく。