きらめきおばけ

隣国のきらめく男子たちの記録

東方神起俺的神バラード10選

表題のままです。私の心の中に永遠に輝くマスターピースたちです。5人時代のアルバムからであり、日本語曲はなく、すべて韓国語曲です。4集があまりに素晴らしいので、結局4集に偏重してしまっているが、東方神起のバラードを聴いたことのない方、5人の歌声をご存知ない方は、だまされたと思ってまずは聴いてみてください。ケーポってめちゃくちゃダンスとか格好いいから、バラードとかって正直ダンスナンバーに比べると落ちるな、とか思っていると価値観が180度変わる曲たちです。動画お借りしました。

 

Tonight

www.youtube.com

私が東方神起の曲中で一番好きな曲です。この曲の美しさを表現する言葉をずっと探しているのに、見つからない。5人の一番いいところを一番詰め込んだ曲。ユノのまろやかでうっとりするような低音、ユチョンの語りかける優しい言葉、チャンミンのここぞという時に一番響くハイトーンボイス、ジュンスの圧倒的な歌唱力、そしてジェジュンの歌う美しいメロディーラインが見事に調和して、一番心の柔らかいところにそっと届く曲になっている。特に後半のジェジュンはこのメンバーを背負うメインボーカルの貫禄をあまりに体現しすぎていて、ちょっと言葉が出ないくらいすごい。優しくて寂しいのに、どこか暖かくて前向きで希望に満ちた、本当に不思議だけど東方神起2集らしい曲。

 

Whatever They Say

www.youtube.com

この曲は私にとって本当に大切な曲です。動画はアカペラバージョンですが、原曲ももちろん良いです。何か嫌なことがあったら必ず聴く曲。活動休止中とか変な噂やいろいろな情報が飛び交っていた時に本当にずっと聴いていた。「Whatever they say, don’t listen girl 僕が話す真実を君だけが信じてくれたらそれでいい」この言葉だけを信じて生きている。彼らの歌声はあまりにも優しい。大サビのチャンミンの声が本当に力強くてとても安心する。

 

Holding Back The Tears

www.youtube.com

ドラマのOSTなので正規CDには収録されていない曲ですが、トンペンが脈々と静かに語り継ぐ名曲かつ神曲のはずが、最近はどういう扱いをされているのでしょうか?(知らなくてすみません)。思春期の青年が、とても寂しいところにいるのに、涙をぐっとこらえる様子が目に浮かんでくる、あまりに美しすぎる曲。特に大サビのジュンスの歌うメロディーラインに合わせて、非常に複雑で細かいハモりパートが曲の重みと重厚感を演出している。「僕は泣かないよ」と言っているジュンスの声を聴くと、私はいつも泣いてしまう。

 

Hey! Girl

www.youtube.com

CD版も本当に美しい歌声なのですが、この動画はこんなに複雑なメロディーラインなのにまさかの生演奏という衝撃。何度聴いても、シアの音程の正確さが異常で天賦の才能なのだと知る。こんなに若いときのステージなのに、青年が愛を知り世界と対峙できるようになっていく様子が手に取るように伝わってくる、そんな表現力に圧倒される。そして、何重にも重なる低音が、ほろほろと心に詰まったものを溶かしていき、ラストに向けての盛り上がりで心が熱くなっていくような名曲。特にチャンミンの演出が圧巻ですね。寒い時期に聴くと、無敵な気持ちになれるのでオススメ。

 

Picture Of You

www.youtube.com

映像の美しさもありますが、5人の蜜月期特有の完成された美しさが胸を締め付ける。このMVを撮影したころは、波乱含みだった初期の関係性がひと段落して、5人が均等な重さと適切な距離感でグループに向かい合えていただろう頃で、5人とも本当に清々しく良い顔をしている。シアらしいストレートな歌詞が、胸の一番奥に閉まったものをノックしてくるような、そんな曲。大サビ前の静けさがあまりに美しく、大サビの華やかさは東方神起のバラード随一かもしれない。大事なところをユチョンにまかせるのもこの曲らしいですね。

 

Love Bye Love

www.youtube.com

同じ4集収録なのに、ユチョンの作詞となるとシア作詞のPicture of youとは正反対ですね。あまりに正反対でちょっと笑ってしまうくらい。美しい歌詞でとても悲しい別れを歌い、でも最後まで優しいのがユチョンらしい世界観。ユーミンの『翳りゆく部屋』に匹敵するような、別れの予感を美しく彩る神曲。ユノのラップはもちろん素敵なんだけど、結構珍しいジュンスのラップが低音で色っぽくてこれまた素敵に響く。別れの曲なのにアップテンポで聴きやすく、気づいたら終わっているのに心にずっと残る曲。ちなみにユチョンのソロステージで歌ったやつも圧巻です。

 

Believe

www.youtube.com

一時期、ファンの間で合言葉となっていたミドヨ(いつの話だ…)。スローガンなども秋くらいはミドヨ一色になっていた時期があり、あのあたりのミロコンとかメンバーはまじでキツかっただろうな〜…とか思ってしまいますが、初期の名曲ですね。恋の一番いいところにあって、率直な愛を歌うのが東方神起らしい。I believe〜から始まるサビの畳み掛けるような5人のハモりがあまりに美しく、また大サビのジェジュンジュンスチャンミンが代わる代わる歌う背後の高音があまりに素晴らしい。

 

You're My Melody

www.youtube.com

バラードなのか…?と思いつつ…。この頃のジェジュンの歌声はちょっと神の域に突入してますね。ジェジュンの歌声が空高く響き、更にユチョンの鼻にかかった甘い響きが見事な色合いを醸す名曲。軽やかなメロディーに乗るあまりにも洗練されたハモり。大サビからは半音あがるところからは圧巻のひと言、最後、楽器の音が抜けてアカペラになるところの手拍子を聴きながら、「ああ、この曲は私に向かって歌ってくれている」と思ってしまう。そう思わせる何かが東方神起の曲にはあるんだなあ。

 

Love In The Ice

www.youtube.com4thドームダブルアンコールのものがおそらく一番の傑作ですが、やはり韓国語で聴くのはいいものだなと思います。チャンミン、あんなに若くてなんでこんなに世界中の孤独を詰め込んだような歌詞を書くのだろうと心配になってしまうが、5人が歌うと信じられないような美しく切ないハーモニーになるんだから、本当に惚れ惚れしてしまう。ふたりずつのハモりもまあ当然のごとく美しいんだけれども、この曲の真骨頂はなんと言っても長い間奏後のシアの圧倒的リードボーカルですね。「世界の果てでひとりでも〜」みたいなことを歌っていたと思うのですが、この人はなぜいつもこんなに追い詰められたように、必死で、人の心を打つように歌うんだろう。

 

Don't Say Goodbye

www.youtube.com

この曲を聴くたびに、あなたたちを好きだった時の気持ちが鮮やかに蘇り、絶対に離れられないと、さよならは言えないのだと知る。

ゼロから始めるSUPERJUNIOR③ カップリング編

私がスジュを布教するときにあまりに同じことを何回も言いすぎており「とにかくこれを見てくれ!」ページを作ろう第3弾、今回はカップリング編です。メンバーのことは以前書いたので、メンバーがよく分からない人はまずはこちらをご覧ください。 

heeperoperox.hatenablog.com

顔と名前を覚えたら、まずは誰と誰が仲良しなのかをチェックしてみてください。そこには夢の世界が広がっています。当方、かつては二次元オタとして一生懸命に二次創作をしていた時代もありましたが、スジュをみてから(正確には東方神起のユンジェというカプを見つけてから)は「公式…それだけが真実…」を合言葉に生きている。スーパージュニアはもともとメンバーがたくさんいたので、有名カップルもたくさんありまして、今回扱えるのはほんの一部の(私が注目していた)組み合わせです。というかヒチョルペンなのでヒチョル絡みに非常に偏っています。そして、いろいろ書いていますが、すべては痛く重い気持ちを抱いた私の個人的な見解です、違った解釈があったら申し訳ありません。あと今更ですが、めちゃくちゃ雑な記憶で書いているというか、最早ソースが見つからないものもあったりするので細かい事実が間違っていたらすみません。

注1・韓国のTV局が長年放置しており、管理する気がないと客観的に見て判断される動画を引用しています。画像はクレジット先よりお借りしています。

注2・当方、iモード全盛時代にFFサイトを運営していたような者です。事実ベースで書く記事になりますが、そんな感じです。

 

◎ハンチョル(ハンギョン×ヒチョル)

いきなりもういないメンバーの話だしもう何年も供給のないカプの話ですみません。しかしこのカプは私の終わりの始まり、というかすべての始まり、私をヒチョルペンにして、ケーポの沼に落とし、私の人生を一変させたカップリングなので、まずはこの話からさせてください。そして、まずはこの動画を見てください。

長いし古い、それは百も承知です。しかしこのヒチョル、我々が知っている天上天下唯我独尊キムヒチョル様でしょうか?? このめちゃくちゃ繊細な少年が??ハン様がちょっと中国にお帰りになる時にお荷物がちょっと多かったからといって「荷物多すぎじゃね?」とかハン様がそのまま中国に引っ越してしまうのではないかと心配したり、「俺も連れてってよ」とか言ってトランクの中に入っているのが?? あのキムヒチョル、私の推しですか?? そしてハン様の「ねえ…俺がいないと寂しい?」に対して「何言ってんの」という照れ隠し、そしてほっぺチュー…。。。

私が思うに、20代特に前半の頃のヒチョルは、本当にガラスのような繊細なハートを持っていて、いつもキレたりしていて、正直他メンバーペンや他のメンバーとも全然上手くやっていなかったのだと思います(ペンカフェ脱退したりしてたし笑)。そして私が思うに、ハン様はあまりSMおよび韓国に馴染んでいなかったように感じます。中国人がアイドルとして韓国で活躍する本当に走りの時期だったので色々体制は整ってなかったし、スジュはまあメンバーも多くて大変だったのでしょう。ちなみに何故馴染んでいなかったのでは、と思うかというと、結構長い間活動していたのに、外国人の私が聞いても分かるくらい韓国語がたどたどしいままだったからです。これは他グループの中国人メンバーの子の韓国語の上達速度と比較してみて初めて「ああ、ハン様ってやっぱりあんまり韓国語を喋ってなかったんだね…」と思ったのだった。

とにかく、そんな2人ですが同室になり、年が近いこともあって、気があったのでしょう。私の好きなヒチョルがこんなに心を許しているように見えるのは、ハン様に対してだけだった。バラエティーのときも、なかなか発言できないハン様をとにかく気にかけ、話題を作ったり振ったり気をつかい「こっち来てよ〜」と甘え、しかし照れ(親友ノートを見てください!!!!!)常に我々が見たことのないヒチョルの姿を見せてくれる、それがハンギョン…。

そして、ライブパフォーマンスも圧巻。そして今から貼るライブの頃は、キボムがグループ活動に参加しなくなり、ヒチョルはソリソリでもノラゴでも後半から参加する形になり、グループ活動も欠席しがちで、かつ宿舎から家出してFTのホンギやトラのジョンモとばかり連んでいるという情報もあり「え…ヒチョルやめちゃわないよね………?だ、大丈夫………?」というような雰囲気の漂う時期で、そんな頃のライブパフォーマンスです、ご覧ください。

www.youtube.com

私、このドンドンが大好き(というかSS2好きすぎ)なのですが、ドンへ軍・ウニョク軍・中立軍に分かれて戦うという面白い演出の中、ハンチョルだけがなぜか、ステージの真ん中でキスするかと思って焦る。1分26秒〜です、なぜこんなに近づく必要があるのか、謎。いつも思うけどパーソナルスペースがやばすぎる、そしてハンチョルの死ぬほど大人っぽい邂逅のあとの、ウネちゃんの小学生の喧嘩よろしくな身体のぶつかり合いにいつも笑う。

www.youtube.com

Disco Driveマジでいい曲だな〜みんなわちゃわちゃして可愛いな〜と思う中、2分43秒〜まるで空気の違うふたり…ふたりの世界…うっとりしたヒチョルと楽しそうなハン様…。ハン様はヒチョルにいつも振り回されてやらされているのかと思いきや、やっぱりヒチョルといる時は楽しそうなんですよね…そこが良い…

www.youtube.com

てかプレミアムライブインジャパンは本当に初期の良いライブで、日本に生きていながらこれに参加していないことを悔やみ続けてペン人生を生きているのですが、このソリソリの冒頭とか本当に痺れる美しさであって…というか単純にビジュアルとしてふたり並んでいると美しすぎるんだよな…不動のセンター・男性的な魅力に溢れるハン様と、中性的かつ圧倒的な美のヒチョル、ふたりが並ぶと非常にしっくりくる…ハンチョルパートの次を歌う、イトゥク&ドンへペアとの距離感の違いもご確認ください。

まあ、そんな感じで非常に仲良くやっていたのですが、ある日ハン様は突然、ヒチョルに何も言わずに中国に帰ってしまいます。本当の本当に一言の相談もなかったようで、ヒチョルはcyのスキンを真っ黒にしたり、ドアが開いたひとりぼっちの部屋に猫と座っている画像にしたり、「一人で歩く練習」と題した詩を上げるなど、深く傷ついている様子でした。このことを思い出すと未だに心が痛くなる…。ハン様がいなくなって初めてのSS2が北京?だったか、とにかく中国公演で、ヒチョルはシャイニングスターを歌いながら泣いてしまったのでした…。

f:id:heeperoperox:20180704010458j:plain

f:id:heeperoperox:20180704010549j:plain

こんなに悲しそうなヒチョルの涙、あとにもさきにも見たことがない…。SS6のアンコンの時の涙とは違う、中国というハン様の故郷での公演で、ハン様がいなくて、何もできなかった、何も知らなかったことへの悲しみが急に溢れてきたような、そんな涙…。私はこの涙を見て、この美しい心の持ち主のことを、繊細な感受性を持ったアイドルのことを、まじで全力で推そうと決意しました。と、いう感じですが、その後再会の様子などをたまに上げてくれていました。ふたりが再会できたこと、そしてそれを隠さずに世の中に公表していいことが私はなにより嬉しいです。あ〜いつ見ても隣にいることがしっくりきすぎるふたり…。常にヒチョルをしっかりと立ててくれるハン様…男前…。

f:id:heeperoperox:20160910023517j:plain

f:id:heeperoperox:20160910023852j:plain

いや、ほぼハンチョルじゃん…というか長すぎじゃん…?という感じ…になってしまいました…。あと、めっちゃ仲良しの画像とか大量にあって本当に神なんだが、それをやりはじめると記事の長さが大変なことになってしまうので全然貼れなかった。最早ハンチョル単体の記事を作るべきか? ひとつだけ脈絡なく私が一番好きなハンチョル画像を最後に貼っておく。他にも神動画も死ぬほどあるのに…ああ…フルハウスを見ながら、ひとつひとつ「ここのヒチョル!なぜ今ハン様に話を振ったのか??そしてハン様のこの表情見てよ!!」という注釈をつけていきたい…。

f:id:heeperoperox:20180706004027j:plain

f:id:heeperoperox:20180706005318j:plain

f:id:heeperoperox:20180706011309j:plain

選びきれなくて結局3枚貼った。ここからはサクサクいきます。 

 

◎ウネ/へウン(ドンへ×ウニョク)

f:id:heeperoperox:20160910022639j:plain

う〜ん、SJの超王道カップル〜!!! ハンチョルなき今、私が一番すきなカップルでもある。私はこのふたりのことをシンメという概念がないケーポ界における「ケーポ界最強のシンメ」と呼んでいるのですが、世の中には全然浸透していない…。ケーポはもっとシンメという概念を積極的に取り入れていくべきだと、イスマンソンニムに直接言いたい。このふたりは元々単体でもファンが多いもんだから、まじで世界中のありとあらゆる国にとんでもない数のウネ応援ファンサイトがあり、皆さんが色々な情報を集め、色々なことをアップしてくださっているので私なぞが今ここで言えることなんて…なにもないよ…。

が、あえて言おうと思うと、私はこのふたりの正反対だけど同じ引力を持つ奇跡に心を奪われています。例えば、ウニョクが陽だったらドンへは陰、ドンへが剛だったらウニョクは柔、みたいな感じで、全く異なる方向性のアイドルとしての魅力を持っているんだけど、その重力があまりに同じ重さで、ふたりでいる姿がしっくりきすぎるし、ふたりが並べばそれぞれの魅力が100倍くらいになるという…。こういうのをシンメと呼んでもいいと思うのですが、ジャニオタさんに怒られるのかしら…? ダンスも同様で、ヒョクの正確無比で指先まで計算され尽くされた美しく洗練されたダンスと、ドンへのアレンジを加えまくった感性と持ち前の運動神経で踊っているダンス、全然種類が違うし同じ振りなのに全く違って見えるんだけど、どちらも等しく魅力的という、そういう…つまり隣に並べておくのが最高のふたりなのです。

www.youtube.com

しかし、私はHelloの大サビ前の「Baby, oh baby I don't care 今この瞬間だけ僕に心を預けてくれる?」みたいなパートが本当に大好きでここだけを集めた動画を作りたいのですが、特にSS6ソウルのふたりが胸を預け合うシーンは何度みても胸が熱くなる…。歌詞とぴったりすぎるし、最初はこう、女の子に向かって歌っている歌なのかと思うのですが、最終的に「あ、お互いに対して歌ってるんだね」と納得する。ちなみになぜこの動画を引いたかというと、ふたりのダンスがあまりに正反対の引力があるということを伝えたかったんだけど、分かりやすい動画を全然思いつけなかったから…全く修行が足りない。

あまりに伝説の多いふたりでエピソードは本当に多岐に渡り、私も好きなエピソードばかりだけど、ひとつだけ挙げるとするならば、ある素敵な日もいいけど、除隊はまじで本当の本当に感動しましたね…私のドルオタ人生でも屈指の良い思い出だし、伝説に残る除隊だと思う。このハグを見て、ふたりの絆のあまりの深さに心を打たれた。幼い頃に出会って、青春から20代を常に隣で過ごし、もう嫌になったことも、喧嘩したこともあったでしょう。それでも、ウニョクの除隊日のこのドンへちゃんの思いつめた表情、しっかりとヒョクを抱きしめる姿を見て、ああお互いの存在がお互いの人生にとって本当になくてはならないものになっているだなあ、と思った。それにしてもニコニコして「わ〜本当に除隊!?」とか言ってるヒョクと、感極まってる涙がこぼれているドンへ、ここだけ切り取ってもあまりに対照的なふたりだ…。ヒョクの「おまえ、なに泣いてるんだよ〜」っていう目尻のシワがすき。

f:id:heeperoperox:20180704025903j:plain

f:id:heeperoperox:20180704025921j:plain

 

◎レラトゥギ(ヒチョル×イトゥク)

私はかたくなにレラトゥギと呼び続けているが、主に83と呼ばれることの多いこのペア。いや〜このふたりも本当にすごい経緯を辿っている。 よく水と油とか言われているけど、本当に正反対。トゥギは強迫観念的なやる気と熱意があって責任感も強いし思い悩むことも多い、ヒチョルは楽しければそれでいいでしょ的な感じの良い意味で自己中心的だし思い悩んでもすぐ忘れてる(ように見える)ので、最年長のふたりなのにグループに対するスタンスはまじで異なり過ぎていて、これはまとまらないわ…と痛感する。ふたりに共通しているのは悪ふざけが好きということだけ。些細な喧嘩もよくあったと言われているが、トゥギも意外と頑固なので、多分めっちゃ喧嘩してたでしょう。というか一時期は基本的に全然喋ってなかったのではと私は思っている。むしろ、今仲良くなってるのが奇跡だし、今はヒチョルは本当にトゥギのこと「俺の友達」って呼んでてそれを聞くたびにほっこりする。同じグループに「友達」と呼べる人がいるのはいいことだし凄いことだと思う。なかなか「友達」って単語って出てくるようで出てこないよね。

どのあたりから関係が安定してきたのかなというと、私は4集くらいからなのかな、と思っています。まあ20代の後半から30歳を目前にして、それぞれの違うスタンスを受け入れながら、違いを尊重しながら適切な距離感で接するということができるようになってきたように見ていた。本当にふたりともアクの強いキャラクターだからそこまでが長かったね…。私はミイナのココがとにかく大好き。これを見て「あ、なんかハン様いなくなってもヒチョル大丈夫かも」と思ったし、レラトゥギは背中を預け合える仲間なんだ…と感じた。

f:id:heeperoperox:20180705192719j:plain

f:id:heeperoperox:20180705193554j:plain

しかし83については、真実?はたびたびテレビ番組で語られます。強心臓などで結構赤裸々に話してた記憶があるのですが(というか強心臓にSJが出演するとエピソードがどれもやばすぎて記憶がごちゃ混ぜ)動画が見つからず…無念。先日放送されたSuperTVのエピソード8の私たち同居しましたも歴史に残る神案件でしたね〜…。 みんなでいると結構仲よさそうに色々喋ったり絡んだりしているのに、ふたりっきりになるとやっぱり気まずそうで笑った。たぶん、本当の心の内をあまり人に開示できないトゥギと、意地っ張りというかツンデレなヒチョルなので、本心を語るのはカメラの前とかになっちゃうのかな。

f:id:heeperoperox:20180705193612j:plain

末長く仲良くしてね

 

◎シへ(シウォン×ドンへ)

f:id:heeperoperox:20180705195827j:plain

シンプルに単純に圧倒的に顔がいい!!!!!ついにSJのスパダリ・シウォン様のご登場です。あまりにスパダリ、何をしててもスパダリ。男性へのパーソナルスペースがゼロのシウォンと、特定の人物に対してだけなぜか急にパーソナルスペースがゼロのドンへ(基準が読めない)、ゼロ×ゼロでまったくもって激しいスキンシップが行われます。特に、シウォンのドンへ溺愛ぶりはまったく目に余るもので、ヒョクに対してより激しい気がする。ライブ中なんか本当に大変な騒ぎ。あの口に含んだ水を掛け合うの、日本人は色々と思う人もいるようですが、私は大好きなんだよなあ〜。なんかこのふたりは男子的なノリの雰囲気が近いんだと思うな。体育会系の身体と身体のぶつかり合い、的な。

f:id:heeperoperox:20180705194628j:plain

f:id:heeperoperox:20180705200633j:plain

こちら最近の匂わせ投稿です。コンサート前にウォーミングアップしてた?っぽいんだけど、どういう経緯で手をつなぎ、かつそこだけアップしようという雰囲気になるのか不明。

 

◎ウォンヒョク(シウォン×ウニョク)

f:id:heeperoperox:20180706010235j:plain

わたしはウォンヒョクを見るたびになにかこう、いけないものを見てしまったかのような、そのような気持ちになる。シへも体格差はあるしスキンシップは激しいけど、ウォンヒョクはまじでヒョクが細身なのもあって体格差が男女のソレすぎて、金持ちのパトロンと清貧なバレエダンサーを見ているような…エロい…。わたしはスパダリシウォンがヒョクをエスコートしてるのを見るのが好きです。空港などでのエスコートぶりも好きだが、やはりステージのこのエスコート。まず現れ方がどこの紳士?って感じだし、ヒョクちゃんはその前に鎖で繋がれてて大変だったのもあって(そういうストーリー)ボロボロでフラフラしてるし、その腰をしっかり抱いてメンバーに合流させている…。

www.youtube.com

このハグの深さとか震えたね。誰がどう見てもがっつりいきすぎでしょう。シウォンと一緒にいると、まじでヒョクは赤ちゃんに見える…。

f:id:heeperoperox:20180706011511j:plain

 

 

◎チョルへ(ヒチョル×ドンへ)

なんかこのふたり、相性がいいのか妙に仲がいい。確か、練習生の頃一緒に住んでた時期あったよね? いや…記憶がなんか…すみません適当かも。ヒチョルは4seasons(デビュー前の別グループ名)だったけど、ドンへはユノとも仲良くて、そのあたりのヒチョル・ドンへ・ユノラインで昔から仲が良かった。練習生時代のエピソードを話すと、3人のうちの誰かが出てくることが多いよね。しかし、ヒチョルはSJになってからメンバーと全体的に疎遠だし踊ったりあまりせず、一方のドンへちゃんはコアメンバーとしてめちゃくちゃにアイドルをやりまくっていて、活動からは接点が見えにくいこのふたり。私が一番最初に「チョルへまじ最強列伝!!!!」となったのは、ヒチョルが上げた(と思い込んでるんだけど、撮ってるのはドンへ?)この画像。

f:id:heeperoperox:20180705194614j:plain

やーーめっちゃ顔がいいふたり…。とにかく顔面が強く感じて並んでるだけでも嬉しいんだけど、私のスーパー推しふたりだからそう感じるだけなのかもしれない。個人的すぎる…。え、でも並ぶと色々強すぎますよね? 性格面では、自由奔放なヒチョルと、これまたやや天然というか変に大らかなドンへの組み合わせだから、テンション的に楽なのかも? いや〜本当に福眼だ…たくさん画像を貼ろう…。

f:id:heeperoperox:20180705194619j:plain

f:id:heeperoperox:20180706011652j:plain

f:id:heeperoperox:20180705202728j:plain

あとドンへが全然ヒチョルに遠慮しない。ヒョクにやるのと全く同じように暴力ふるってる。この時のドンへの顔…まじでやばい…本気で気合を入れて締めてる…。ヒチョルに対してズケズケとここまで暴力的になれるのはまじでドンへだけだと思う、すごすぎ。 首も締めるし蹴ったりもする(ドンへ…)。いやしかし、このコミュニケーションの取り方は、本当に小さい頃というか10代から仲良かったんだなって感じがする。

 

◎シチョル(シウォン×ヒチョル)

まじで…こうやって考えてみるとシウォン万能すぎる…ヒチョルの心の中にもスッとはいっていける自然体さ。おそらく、シウォンのコミュニケーションってめちゃくちゃ普通というか自然体で、力の入ったところが全くないんだと思う。そういう部分がヒチョルにとってはやりやすいのかな? ハンチョルのところで書いたヒチョルが泣いてしまったSS2北京の時も、ずっとそばにいてくれたのはシウォンでした。

f:id:heeperoperox:20180704122502j:plain

なんかよくわからないんだが、ヒチョルはシウォンにはめっちゃ素直に甘えるんだよね…これ何なんだろう。結構ボディタッチとかも激しいし、無防備に甘えている感じ。下の画像は最近のやつだけど、今いる他のメンバーにこういうことしてる姿はあまり想像つかない。なんでシウォンにだけはこんなにべったり甘えるんだろう…。基準が私の中でかなり謎だが、とにかくめちゃくちゃ可愛いヒチョルの姿が見られるので、シチョル大好きすぎる。多分、シウォンの無限の包容力のおかげなんだな。とにかく、私の中でヒチョルの避難所がシウォンというイメージである。

f:id:heeperoperox:20180706013917j:plain

そういえば、去年の人生酒場にシウォンが来た時も、ヒチョルはめちゃくちゃ照れていて、恥ずかしいだの上手くやれないだの、そういうことを言ってたきがする…。なんだ、ここがガチなのだろうか…?

 

◎イェウク(イェソン×リョウク)

f:id:heeperoperox:20160910024320j:plain

見よ、この兄さんのドヤ顏! リョウクと一緒にいる時の兄さんはまじで見たことないような男性力を発揮し始めて驚く。過保護でストーカー気質な兄と、ヒョンへのうざさ半分・乙女的な優しい対応半分のリョウクたんの組み合わせ。かなり人気上位のカプではないでしょうか? 兄さんが圧倒的かまって力を発揮して、従順な弟をめちゃくちゃにつけ回しており、それに対してウクたんが華麗なスルースキルを発揮しているイメージ(兄さんごめん…)なので、初見は「兄さんの愛がすごいな」って感じなんだけど、よくよく見てみると意外とウクたんから触ったり甘えたりしてる。ウクたんは歌の面では兄さんを本当に尊敬しているし、年はちょっと離れているけど、心を許しているんだね。なんだかんだでリョウクから仲がいいメンバーと考えると、兄さんの名前は3本の指には入ると思う。

f:id:heeperoperox:20180706015627j:plain

ウクちゃん兵役中もイェソン氏はちょこちょこ会っているようです。ちなみに私は推したちが兵役に入って気づいたのですが、兵役中の休暇に会っているのは本当に仲のいい証拠だと思う。仲が良いか良くないかは、ここで分かる。(ユス、聞いてるーーーーーーーー!?!?!?!?!?あの友情、まじでどこに行ったのーーーーーーーーーーー!?!?!?!?!?!?!?!?!)

 

◎ギュウク(キュヒョン×リョウク)

ていうかまず、根本的にリョウク絡みのカプは、リョウクのツンデレ的な性格に反する異常なボディタッチの多さにすべてが由来していると思う。 リョウクって、性格けっこうドライなのに、なんかボディタッチは激しくて、MC中とかでもすぐ隣の人に触るんだよね…? ギュもあんまりスキンシップ激しいほうではないけれども、リョウクのことはめちゃくちゃ受け入れてる感じがする。しかしKRYはほんと仲良いし、性格が穏やかめだから、ほっこりするね。

f:id:heeperoperox:20160910030228j:plain

このマンネラインは、年功序列が厳しく、めちゃくちゃアクの強いヒョン達を持ってまじで苦労しただろうから、マンネラインとして苦楽をともにした一筋縄ではいかない絆を感じる。ギュがグループに合流したばかりの頃、寝るところがなくて、いつもリョウクとソンミン(だっけ?)のベッドの間に挟まりながら寝て、涙を流しながらリョウクに色々聞いてたみたいな話、ほんと可哀想でほんとすき。ギュは、色々辛かったことをきっとリョウクに相談してたんでしょう…はあ…がんばったね…

 

◎レラヒョク(ヒチョル×ウニョク)

とにかく!!!!親友ノートを!!!!見て!!!!!DVD貸すから!!!!!

親友ノート(気まずい仲の人たちを親友にさせるコンセプトのバラエティ番組)でのふたりの気まずさは筋金入り。結構まじで気まずそうにしてて本当に見ていて「わ、わあ…!」と思った。目とか全然合わせられない。スーパーコミュニケーションおばけで、どんな人とでも仲良くしてる陽属性のヒョクちゃんが、怖くて気まずくて仲良くできなかったヒョン・それがヒチョル…。どんだけヒョクを怖がらせていたんだ…というか、どんだけ理不尽なことをしていたんだ…。ヒョクの誕生日にヒチョルがたまたまイライラしてて結局帰っちゃってヒョクが泣いたのほんと好き。ドンへがヒョクに貸したTシャツが実はヒチョルので、それを知らずにドンへのものだと思ってなくしちゃったヒョクがあとでめちゃくちゃキレられたのもほんとすき(てかまじでドンへ)。というか、この頃のエピソードそのものにヒチョルの初期のやばさと、ヒョクちゃんの怖がりで優しいところが現れている。すき。

f:id:heeperoperox:20180705194600j:plain

そんな気まずい関係のふたりでしたが、ヒチョルの脱退を一生懸命止めてくれたのもヒョクだったという話を昔していた。。。まじでいい子。。。きっと泣きながら止めてくれたんだね。。。ハンギョン脱退後のヒチョルのメンバーとの雪解けを経て、すっかり今では打ち解けたふたり(といっても、他の組み合わせよりはやや温度感が微妙に見えるところもまた香ばしくて好き)。ヒチョルはめっちゃヒョクのこといじるし、ヒョクも「ヒョン!」とかいって言いたいこと言えるようになって本当によかったね〜〜〜!このふたりのことを思うと、ヒョク、まじでいい子すぎ、ありがとう、という言葉しかでない。

f:id:heeperoperox:20160910030030j:plain

 

◎カントゥク(カンイン×イトゥク)

f:id:heeperoperox:20160910022235j:plain

この2人もかなりの主軸王道カップルでした〜。互いに年長者なので、グループをひっぱらなければならないポジションという共闘関係と、カンインのちょっと年上だろうが構わずズケズケいけるところがマッチしているイメージ。あと、結構悪ふざけが好きなふたりなので、そのへんのノリも合ってるんですよね…。このカップルが著名なのは、古いですがおそらくこの自作劇の影響。いや〜これはいつ何時見ても、すごい。公式とは思えない。何かの腐女子の妄想のようだ。私はこのウネちゃんが寝ながら足を絡ませてるシーンとヒゲ剃りあうシーンがほんすき。ウネだけでも一見の価値あり、みんなの髪型とか本当にやばいけど、これがゼロ年代の韓国なんだな、って思いながらみて!

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

◎ギュミン(キュヒョン×ソンミン)

f:id:heeperoperox:20160910024151j:plain

自作劇つながりでギュミンを。こちらも以下の動画の影響が長きにわたっており、王道カプのひとつでしたね。なんていうか、まあスーパー毒舌下克上マンネと、優しくて可愛くってちょっと小悪魔なお兄さんの組み合わせ、嫌いな人はいないな…っていう感じがする。ソンミンは…私の中では、なんかちょっと難しくて、あまりスジュのパリピ系のノリと波長が合っていないというか、決して仲が悪いとかではないけど…なんか…別にオフの日にメンバーと会ったりしないというか…そういう感じで見てたんですが(結局謹慎になってからもメンバーはカンインとは会って写真上げてた)というか、本当に仲が良ければ、メンバーはきっと直接色々なことをソンミンに伝えることができたと思うんだよね。でもそれをしなかったというか、するような関係ではなかったのではないかと思う…。

まあ、そんなことは置いておいて、キュヒョンはそのあたり割とパリピっぽくないというか、オタクっぽいというか、ソンミン兄ともすごく上手くやっていたよね。ちなみに、私は、カントゥクの自作劇より、キュミンの自作劇のほうがなんかドロドロしてて好きでした。これも何回見たことか。あとイェウクがなんか勝手にベタベタしてる。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

以上!しかし、他にもいろいろなカプがあります。マイナーなところだと、私はキチョル(キボム×ヒチョル)と雲雲(カンイン×イェソン)がすきだった。兄さん、ギュイェに触れられなくてごめんね。ひとつだけ言っておくと、ヒチョルの愛猫・ヒボムの名前はキボムからきています(チョル+キボム、ちなみに苗字はハン様から)。もう今更かけるようなエピソードもないのでこのあたりにしておきますが。とにかく上に挙げた以外にも、無限の可能性のあるグループです。そして引用しませんでしたが、ペペロゲームのすごさがまじでやばい。普通の男子アイドルグループとは一味違うので、覚悟して見てください。最後に、ケーポのお約束・kissing card gameだけ、古いけど貼っておきます。

www.youtube.com

ゼロから始めるSUPERJUNIOR② 楽曲紹介編

なんだかスーパージュニアが気になる、これからスーパージュニアのことを知りたい、という人に向けての今更すじゅ紹介記事第2弾。今回はK-POPの基礎の基礎、楽曲の部分を紹介します。

まあ控えめに言って最高なんだ…とにかく最高の曲と最高のMVがわんさかあるんだ…。しかし、なんだかんだで正規アルバムは8集もあるし、ミニアルバムや何かのコラボとかでちょこちょこ曲も出してるし、何よりユニット曲とかソロ曲とかもあってもはやすべてを網羅するのは本当に不可能な域になりつつある。なので、今回紹介できるのは私の独断と偏見に基づく内容です。凄まじく私の好み(ストーリー性と深読みできるメッセージ性がある内容)に偏っています。一応、基本ベースでいきたいとは思っているので、ここを抑えてもらえれば大丈夫な内容にはしたい…とは思っている…。

ちなみにこれ、あとバラエティ編とカップリング編と、あと可能であれば……ライブ&パフォーマンス編と補足も書こうと思っています。(最近スパショは最高のライブなんだという確信しかない)時間をみつけて…。

 

①まずはとにかくこれを見てくれ

とりあえず私はMV超大好きマンなので、まずは私が最高だと思っているをひたすら貼り、ひたすら語ります。お、これは面白そうだなと思ったらみてください。 

www.youtube.com

Magic

「スーパージュニアってどんなグループ?」と聞かれたら、とにかくまずはこのMVを見てもらうことにしている。このMVにはスジュの魅力のすべて、とまではいかないけれども、5分の4くらいはつまっている。まずはとにかくジャケットが似合うグループであること。みんなのビジュアルがバラバラの方向性で最高に良い。ひとりの女の人を取り合って大戦争。それぞれ口説いたり頑張るけれどもなんだかイマイチ決まり切らない(スーパージュニアのお約束、爆イケお兄さんたちが女の子にとにかく紳士精神で接するやつ)。最後はなんかみんなでわちゃわちゃしてて楽しそう。女の子に選ばれたのがカンインというのも絶妙なチョイスで良い。彼氏みと仲の良さの両方を感じられる幸せ一石二鳥MV。ちなみに、このMVは私にとってはNO OTHERの上位互換です。

 

www.youtube.com

DEVIL performance ver

もちろん本MVも良いんだけど、あえてパフォーマンスverを。これは私の「パフォーマンスverのMVって踊ってるのを定点観測してるだけだから、振りと立ち位置確認にはありがたいんだけどそれ以上でもそれ以下でもないんだよな」というイメージを覆したMV。パフォーマンスverって…って思ってる人は今すぐ見て、とにかく面白いから。しかしこれ、よくよく見てみると振りとかあんまり揃ってないし、結構こなれた難しいダンスの分、半分くらいの人はちょっと変な感じで踊っている(笑)が、なんか総体で見ると格好いいし、立ち位置が信じられない速度感で変わるんだけどそのあたりは見事だし、あと個人個人のソロの動きのポテンシャルが高すぎることを実感して「えっ…やっぱり…だてに10年やってないな…?」となる。ヒチョルが髪の毛をみんなにわしゃわしゃされているのを見た日には泣いた。

 

www.youtube.com

SORRY, SORRY -Answer-

ソリソリの応答曲だけど、あまり存在感がなく最近は特に思い出されることもないが、私にとっては神MV。曲がいいんだ、まず…。モノクロ画面にそれぞれのメンバーが浮かび上がっては消え、それぞれの物語があり、はちゃめちゃに格好いい姿を見せつけられ、最後はみんな集まってパーティー…?と思いきや、ウネちゃんの超低音ラップが響いて切ないような、寂しいような気持ちにさせられる…。これを見ると、スーパージュニアが今まで来た道が平坦ではなかったこと、そしてこの後も決して平坦ではないことが心を打つ…。それは何故かと言うと、確かグループ活動なのにキボムが参加していない初めてのMVで結構ファンが阿鼻叫喚してた気がするのと、公開がハン様の裁判案件とほぼ前後だった気がするからなんだけど、記憶がちょっと薄れている…。嘘だったらすみません。しかし、デビュー4年目とか?なんだけど本当に大人っぽいな、昔から大人っぽいグループだったんだよ、ほんと。

 

www.youtube.com

Black Suit

すごく久々のMV&カムバで、初めて見たときにはトイレの中で(なぜか公開になる17時だったか18時にトイレにいた)めちゃくちゃに興奮して泣いた。ていうかまずティザーがよかったんだよ、それぞれに役割があって何かが起きそうな気がする映画仕立てのMVだということは分かっていた。そして、いざMVを見てみたら、逆再生の嵐。ヒチョルも「ぶっちゃけ俺にもこのストーリーがよく分かんないんだよなあ…」とか言っていたが、初見ではまじで意味がわからなすぎた。戦略ならいいけど、そうじゃないんだったら、詰め込みすぎである。

 

www.youtube.com

It's You drama ver.

多分、私が一番好きなMV。これも本家ではなくdrama verなのですが、このdrama verが素晴らしい。こちらが本MVでいいと思うくらいよくできている。しかし今見ると画面が暗すぎて若干見にくいな。何を隠そう、ワンカットで撮られているMVで、メンバーたちが縦横無尽に色々なところから出てきては何かを想って去っていく。見事な連携プレーでぞっとするし、全員に声をかけてあげたい…。

息をしているだけ・動くだけでハッとさせられる美少年キボム、何かの始まりを感じさせるし中国人にこの最初の呟きを言わせるくらいの永遠のセンターぶりなハン様、自分で独自の振りをつけながらも苦しむ演技が上手すぎるドンへ、ビジュアルと声質と身長が神すぎるキュヒョン、こちらもまた苦しむ演技が秀逸すぎるイェソン、一方あまり悲しんでおらずどこか達観した雰囲気のイトゥク(懐中時計のくだり好きすぎ)、電話をかけようかかけまいか悩んでいる姿だけですべてを表現するシウォン、おそらく好きな人に花束を届けるのであろう可愛すぎるリョウク、届いた手紙を見て焦燥感にかられるカンインは声質がこの曲に合いすぎている、短いラップパートでも存在感を示しまくってるガムを噛んでいるヒョクちゃん、逆に誰かを想って手紙を書こうとしているソンミン投函するところ可愛すぎるし、シンドンは短いパートなのに切なさMAXすぎる顔、そして最後に突如現れるキムヒチョルは美味しいとこ取りなんだけど顔がただ単に良すぎるからしょうがない。う〜ん、なんていうか切なさと美しさ、楽曲の良さ、スジュのメンバーのそれぞれの個性、全てがここに詰まっていて無限に語れるMVです。

 

番外編

www.youtube.com

SUPER GIRL (SUPERJUNIOR-M)

Mは本当にエリート集団という感じで大好きなんですが、中でもハン様がいた時代のこのMVは秀逸。まず曲がユ・ヨンジン様の神すぎる仕事ぶりがフルに現れているし、それがSJと見事にマッチしている。そしてセンターで圧倒的な存在感を示すハン様、周りを取り囲むアイドルエリートたち、このメンバーを差し置いてもセンターでしかないハン様は本当に13億の奇跡だったんだな、という感慨しかわかないですね。若かりしジェシカたんが本当にイケてる女で、オタクっぽいハン様を全然相手にしてないんだけど、途中でハン様が大変身して世界を魅了するストーリーもいいし、ストーリーと歌詞が全然合っていないところもいい。(歌詞は男がどうこうなる話ではなく、君は世界一素晴らしい女性だ的な感じ)この曲がSJの中国活動に弾みをつけたのは間違いないでしょう。

 

②全正規アルバム簡略解説

え、MVめっちゃいいと思うんだけど、どうでしょうか。そろそろ、iTunesでアルバム探してみようかな〜と思う頃だと思う。私もそうだった。しかし、正規アルバムは2018年現在で8集まで出ています。まず、多すぎ。まったく持って何を聴けばいいのかわからない。なので、ばばっとタイトル曲、リパケ、コンセプト等をまとめました。アルバム名のあとにくっついているのは私の中での各アルバムのなんとなくのイメージです。

・1集SUPERJUNIOR05〜記念すべき初アルバム〜

まず、暫定グループ名である05がタイトルについている時点で圧倒的古さを感じさせる記念すべきデビューアルバム。タイトル曲(と扱っていいのか)は「TWINS」。これは歌詞を見てもらえればわかるのだが、当時のスーパージュニアの置かれていた状況を考えるだに涙なしには聴けない内容。「子供の頃から存在感がなかった」とか、アイドルに何を言わせてるんだ。そりゃ、みんな全力で歌うわ。曲調は90年代SMエンタを引きずったSMPスタイルであり、青年が社会の理不尽などをキツめのラップで訴えかけるハードさが今聴くとややどうかな?という感もあり。しかし、タイトル曲以外の収録曲は「You Are The One」「Believe」など、歌謡曲的なバラードが多くて聴きやすい。このタイトル曲はSMP・収録曲は歌謡曲、という傾向は2集まで引き継がれる。

・2集Don't Don〜怒りに燃える13人の青年たち〜

タイトル曲「Don't Don」は、1集に引き続きSMPスタイル。この曲は「金、金ばっか言ってるこんな世の中ポイズン」みたいな曲で、かなりいいことを言っているのだが、何しろキツくてシャウトとかしてるし、MVの髪型も攻めてるし、今見るとちょっと「え、どうした?」という部分もあると思う。というか私がこのMVを初めて見た2009年ですら「え、どうした?」という感じだった。ただ、ライブで流れるとチンピラの抗争みたいな感じでめちゃ熱い曲なのでかなり盛り上がる。こういう不良?系の曲は意外とSJにはないから、珍しくていいんじゃないかな。一応リパケ?的な扱いとカウントして2集活動に含めるが「U」はダンスナンバーながら短調的なメロウな曲調が美しい名曲。Disco DriveOur Loveは人気曲ですね。意外とのちのちもライブに使われ続ける人気曲が多いのもこのアルバムの特徴。

・3集SORRY, SORRYゼロ年代K-POPの超名盤〜

言わずと知れた出世作K-POPを一度でも通ったことがある人は、おそらく「SORRY, SORRY」を聴いたことがないという人はいないでしょう。ユ・ヨンジンの得意とする中毒性のある繰り返しメロディ(ソリソリソリソリネガネガネガネガ…)が、ダンス・歌声とともに見事にハマり、最初聴いた時にはなんじゃこりゃ、と思ったが歌詞通り一度ハマると抜け出せないケーポの真髄。この曲のせいで未だにソリソリ呪縛から抜け出せていない説があるくらい強力な曲だった。3集は捨て曲一切ナシの名アルバムです。迷ったらまずはこれから聴いてくれ。リパケ曲の「It's You(ノラゴ)」もこれはまあ初めて聴いた時から感じる大名曲さ。その他にもShe want itAngelaなどはよくライブでもやるしShining Starはファンとの絆を描いた有名曲。個人的にはResetHeartquakeあたりをよく聴きます。この東方神起とのコラボもまた美しいんだ。

・4集美人(BONAMANA)〜ソリソリのグループ、ね〜

ソリソリの大ヒットに続き、中毒性のある繰り返しメロディを使った「BONAMANA」。こちらはソリソリよりももう少し強めの曲調だけど色々な演出が面白い曲。対照的にリパケの「No Other」は全員が彼氏化する平和曲。このアルバムは、収録曲にかなり良い曲が多く、Boom, BoomShake It Up!Your Eyesあたりは個人的にはかなり何度も聴きました。あと、色々あったがカンインの兵役行ってきますソングA Short Journeyが本当にいいんだ。歌詞もいいし、何よりカンインの歌声が本当に美しい、色々あったけどね。あと、この頃からスケジュール的に段々と、全員が全ての曲に参加するのは難しくなってきて、役割分担が激しい感じになってくる。KRYががんばりすぎな件。

・5集Mr.SimpleK-POPの頂点へ〜

トップをひた走る感がある「Mr.Simple」。このアルバムがセールスは頂点なのでは?3集以来しばらく恋愛の曲をタイトルにかかげてきましたが、この曲は「色々世の中大変だから、たまには休みつつシンプルに生きようぜ」みたいな男女共に共感を呼ぶような雰囲気?で私はすごく好きだった。曲調は3集からの継承で、中毒性のある繰り返しメロディに近い。リパケのA-CHAも面白い曲なんだが、なにしろタイトル曲と傾向が似ていて、何もしなくても売れるからって工夫しなすぎでは…という感が若干ある。このアルバムにも名曲は多数あり、Oops!!とかはライブでとても面白かったし、My Love, My Kiss, My HeartとかはさすがのSMエンタのバラード

・6集Sexy, Feel, Single〜最も存在感のないアルバム〜

ソリソリの継承が続いているなあ…という表題曲。ソリソリおよびその後継曲が売れすぎて、機械音、繰り返し、そのあたりから抜け出せないのかな?という印象。最近リターンズでアルバムを振り返っていましたが、この表題曲のことはあまり良く言ってなかったな。リパケの「SPY」についてもあまり大きな方向転換は感じられない雰囲気かなあ。ちなみにこのアルバムは正直メンバーの愛のなさがヤバい(そういうところも好きだが)。しかしこのアルバムにはGulliverというファンの度肝を抜いた超絶曲が収録されていたりする。あのガガガガガガ…という謎の中毒性がやばい。今から考えると売れすぎてて個人スケジュールも忙しすぎるし、まあとりあえずカムバしとけ的な雰囲気を感じる。しかし、From Uは歌詞を見てもらえればわかるが、入隊を控えたメンバーの切実な想いがこもった名曲。いつも聴くと泣く。

・7集MAMACITA〜急な謎のラテンコンセプト、だがそれも良し〜

イトゥク除隊後初カムバなので気合十分。ここ何回かのグダグダさが嘘のようにコンセプチュアルにまとめてきたアルバム。ラテン系のスローめな曲調で、3集からの大きな方向転換を図っている。方向性はどうであれ、すごく工夫していて私は好きだ。リパケのTHIS IS LOVEおよびその裏曲的存在のEvanesceがまたすごい神曲。私はすじゅでこんな曲を聴くことになると思わなかったので本当にびっくりしたし、Midnight BluesShirtToo Many Beautiful Girlsなどもいい曲ですね。曲が良すぎて、このアルバムを基調としたSS6はまじで名曲の連続すぎて休む暇のないライブすぎる。

・Special AlbumDevil〜最高に遊ぶ最高のグループ〜

いやーーーーーこれは本当によかったですね!?10年間の集大成がすべて詰まった名アルバム。まずタイトル曲が素晴らしい。すじゅのいいところ(小粋なダンスが似合う、みんな適当に踊るがそれなりにイケてる、ジャケットが似合う、わちゃわちゃしてるのが最高)しか出ていない。スター街道をひた走ってきて、ソリソリで爆売れして機械音的な曲をずっとやってきて、ちょっと歳を取って好きな音楽やりたいな、ってなったときに選んだのが小粋なこのポップソング。遊び心と余裕のある最高のグループ。ちなみに私は、We Canにあまりに圧倒されてこれは本当に100回くらいリピートした。SMって本当に楽曲の強さとタレントの基礎的歌唱力が本当にすごいんだということを思い出した。

・8集PLAY〜圧倒的な大人の魅力へ〜

8集はリターンズで曲選考のところから見せてもらっていて、タイトル曲候補だったけど結局漏れてしまった曲が収録曲になっている。つまり何が言いたいのかというと、タイトル曲「Black Suit」はもちろん神なんだけど、それ以外の収録曲もタイトル曲になっててもおかしくない神曲の目白押しである、ということ。私はこのアルバムは3集に匹敵するクオリティの高さだとおもっている。相変わらず、ダンスナンバーとバラードとのバランスもいい。というか、このバランスの良さは結構ケーポ屈指のバランスの良さだと思う。ちなみに、このアルバムはずっとメインボーカルだったマンネラインの2人がいないから、今までのアルバムと声質が全然違うのも面白いところ。ヒチョルとドンへがメロディラインのかなり重要なところを任せられているが、2人とも個性のある素晴らしい歌声である。あと、マンネラインがいないことで平均年齢もグッと上がり、大人の男性の色気がすごいことになっている。RunawayのおふざけからI doの泣かせまで、並びも完璧。スジュが好きじゃなくてもこのアルバムは聴く価値アリだと思います。

 

③ユニット別これはいい曲!

書いててあまりの量に疲れてきたし、誰もこんなの読まないなって気がしてきたから、最後にユニット別でオススメの曲を貼っておきます。が、ここに私がスーパージュニア系列で一番好きな曲があるので、これだけは語らせて欲しい。

 

www.youtube.com

SWING (SUPERJUNIOR-M)

謎のサラリーマンコンセプト?で、最初のプリント?みたいなのをバッと空中に投げまくるシーンがすごく好き。めちゃくちゃに踊るじゃん…。本気出せばめちゃくちゃに踊るんじゃん…と思った曲。エリート達なので全員外さないで決めてくるし本当にすごいんだよなあ…。Mはバラードもできるし、いい曲が多いけど、やっぱりこういうめちゃくちゃに激しく踊りまくる曲がMらしくていいよな、と思う。

 

www.youtube.com

Pajama Party (SUPERJUNIOR-HAPPY)

私がスーパージュニアの全曲の中でおそらく最も好きな曲です。

幻のHAPPY…。アルバム1枚しか出していませんが、本当に神曲ばかりで、表題曲のCooking Cookingもすごくいい曲だし、you&iもSunnyも本当に素晴らしい曲で、もうこのアルバム自体が神なのだが、中でもパジャマパーティーは本当に思春期の男の子と女の子のもう少し近づいてもいいのかな?という恋の葛藤と、それをねちゃっと気持ち悪くではなくアイドルの超清らかで美しい言語に変換したイノセントさを含み、それをパジャマというめちゃくちゃポップな記号で包んだ神中の神曲であり、聴けば辛いことなどどうでも良くなるような幸せを手に入れることもできるし、もう失われた美しい時代のことを思い出して切なくなって泣くこともできるという感情ジェットコースターでわけがわからない曲です。とにかく歌詞を見て欲しい。

ビートにリズムに体をのせて OK?

すべての準備は終わったよ! さあ123Let's go!

 

僕たち今日の夜パーティーはどう

君のためにいい夜を作るよ

もう僕たちのFEELが通じ合ってることを

知ってるじゃない

 

いい香りのキャンドルも買ったし

僕の部屋いっぱいの風船も買ったよ

一番選ぶのに悩んだのは、今晩着るPAJAMA

 

PAJAMA着て、PAJAMA着て、今晩僕たち

パーティをしようよ

二人で楽しく遊ぼうよ

映画みたいにさ、枕けんかでもしようよ

雪のような白い枕の世界で

二人で楽しく遊ぼうよ

 

久しぶりに掃除も、久しぶりに洗濯も、

唇腫れるまで風船も、とても忙しい1日で

マートで買い物して、また料理も手作りして

もしかしてこれは恋? とても幸せだよ! 

 

一人暮らしの僕の部屋はどうなの

僕が作ったご飯は美味しいの

君は今夜もっと綺麗だね

特に君のPAJAMA

 

PAJAMA着て、PAJAMA着て、今晩僕たち

パーティをしようよ

二人で楽しく遊ぼうよ

ソファの上で、ベッドの上で、

一緒に飛んでみよう

子供みたいに空まで飛んでみよう、楽しく

 

それで疲れたらちょっと変な空気になって

変な気になっちゃうかもしれない

1、2、3、4、5、6、7、8!

心配など捨てて、君の前の僕の恋は純粋だよ

わかるでしょ?一緒に飛んでみよう、もっと高く

 

PAJAMA着て、PAJAMA着て、今晩僕たち

パーティをしようよ

二人で楽しく遊ぼうよ

いい音楽と白いシャンパ

君の香りと、君の幸せそうな笑顔

この世で一番幸せな瞬間は君といる今!

 

PAJAMA、PAJAMA PARTY 楽しく遊ぼうよ

二人で楽しく遊ぼうよ

PAJAMA、PAJAMA PARTY 楽しく遊ぼうよ

今夜楽しいパーティーをしよう

朝が来るまで君と

末長く永遠に

本当にイノセントの塊のような曲なんです…特にピンクにした部分の歌詞が、兄さんのパートなんですけど、すごくいいんですよね…なんか…もう大人なのに、絶対にこんな中学生みたいな恋愛には戻れないのに「君の前での僕の恋は純粋だよ」と20代の男子アイドルが全力で歌ってくれるんです…飛び跳ねながら…本当に素晴らしいことなんです…。なんていうか、パジャマという単語には失われた子供時代が含まれているんだなあ〜。というか、こういう芸ができるのもスジュのすごいところなんだよなあ〜。とここまで熱くなっておいて人には全然この魅力が伝わらない気がするのでこのへんでやめておきますが、とにかくHAPPYのアルバムはすごく良いので聞いてみてください。 

 

www.youtube.com

ROKUGO!!! (SUPERJUNIOR-T)

Tも幻になってしまいましたが、ロクゴは未だにライブなどでもめちゃくちゃ歌われるのできっとメンバーもお気に入りなのでしょう。しかも、Tにはジョンス・ヒチョル・カンインなどという権力のあるメンバーが在籍していたので、そのあたりももしかしたらこの曲が生き延びた秘訣かもしれないですね。ライブでのコスプレ担当と化しつつあるこの曲。スジュのふざけた部分が全面に出ていてすごくいいです。ここまではっちゃけてふざけているケーポアイドルはあんまりいないんじゃないかなあ。

 

www.youtube.com

My Love, My Kiss, My Heart (SUPERJUNIOR-K.R.Y.)

KRYは貢献度も高いのに何故かまともなMVがあんまりなくて(おそらく通常アルバムにKRYの曲を入れ込んじゃってるからMVを作るタイミングがあんまりないんだな)仕方ないのでライブ映像を貼ります。KRYだけになるとやはり実力を遺憾無く発揮してくれているので聴いてて気持ちいいですね〜。この3人の声質はバラバラなんだけど同じ強さだから本当にバランスのいいユニットだと思う。後半の声が重なり合うところはさすがの腕前。

 

www.youtube.com

Growing Pain (SUPERJUNIOR-D&E)

D&Eも本当に名曲が多くて、Oppa, Oppaとかも大好きですが、こういう切なくも踊れる曲をやってくるのがD&Eのすごいところですね。このユニットについて語れば朝から晩まで語れるのですが、一言で表すならケーポ界最強のシンメということです。ふたりが同じ年に生まれ、同じグループになり、そしてこんなに気が合い、パフォーマンスも正反対なのに全く同じ引力で、今も変わらず強い情熱で活動を続けてくれる、永遠にスーパージュニアの最強シンメであります。以上です。秋にコンサートやるのでそこにきてもらえればいいと思います。

 

とりあえず今日のところはこんな感じで…。

ゼロから始めるSUPERJUNIOR① メンバー紹介編

最近、あまりにしつこく色々な人にオススメするせいか、「スジュ興味ある!」「スジュ教えて!」とたびたび言われるのですが、とにかく色々な経緯があり複雑になってしまっているため、プレゼンが難しい。なので、これさえ見れば大体把握!というページを作ろうと決意しました。メンバーについては、とにかくこれを読んでくれ。ちなみに、人物解釈についてはあくまで私の解釈です。違う見解があったら申し訳ありません。

ちなみに「すじゅって、めちゃくちゃ長いグループでしょ…?今からじゃとても追えないのでは…?」という懸念がある方もいらっしゃると思いますが、全く問題ありません。というかあまりの活動量、あまりのエピソード、それも韓国だけではなく世界各国に渡っており、365日密着で追わないとすべての情報は網羅できないため、長年のファンでもすべてを網羅できている人はほぼいないのではないかと思う。ので、見てないところがあったり聴いてない曲があってももはや大丈夫な領域に突入しています。みんな多かれ少なかれそういうところあるから。

それに!!!なんと兵役が終わりかけている!!!ので、むしろ今からの方が安定して応援できる!!!そしてなんつーか、これは愛を込めて言うけど、色々なケーポグループの中で顔が最強に良いわけでも、ダンスが最強にすごいわけでもなく、どちらかというとめちゃくちゃ面白グループという感じなので(でも天下取った)ファンもなんというか、、懐広く応援しており、「ウチの子たちを…まじで…よろしくお願いします…」といった様相を呈しており、新規大歓迎というかエルプより新規大歓迎のファンクラブ見たことない。

f:id:heeperoperox:20180531212441j:plain
 

 

①人数についての前提(複雑なので、とにかく誰がどんな顔か知りたいんじゃー!ということであれば飛ばして読んで)

そもそも、スーパージュニアはデビュー時は12人組のグループでした。所属事務所SMエンタテインメントは当時日本のアイドル業界をめちゃくちゃ研究しており、2000年前後に日本で大流行りしていたモーニング娘。の形式を取り入れ、卒業しつつメンバーが入れ替わる、かつユニット単位で活動もできるというグループ制度を導入しようとしていた。なので、当時にしては人数が桁違いに多いのです。(5人の固定メンバーで天下を取ろうという東方神起とは正反対の思想)が、この卒業制が当時の本国ファンたちの大反対にあいまして、抵抗活動の結果、最後のひとりのメンバー・キュヒョンを追加してメンバーはその後正式に13人固定となります。

そして、ユニット単位で中国活動を促進するため、中国部隊(SUPERJUNIOR-M)を結成します。現地に馴染むためには言語ができる人が不可欠、ということで正規メンバーのハンギョンを中心にメンバーが選出され、そして中国語や国際色を豊かにするため、Mにだけ、ヘンリーとチョウミというメンバーが加わります。しかし、SUPERJUNIORグループ時代の楽曲などには参加しない。このあたりが、13+2などと言われる所以です。まあその後は色々あり、辞めたり謹慎したり兵役したり復帰したりしてその都度人数が違うので、今いる人を把握できればそれでいいのではないかと思います。

 

 

②メンバー紹介!

2018年現在のメンバーです。韓国ではとにかく年齢が大事なので、上から年齢順です。あと、向こうでは数え年でカウントしてたりして何歳かが分かりにくいので、生まれ年で把握すると吉。スーパージュニアが練習生だった頃は今よりもかなり上下関係が厳しく、学年を把握しているのは関係性萌えに繋がります。

 

ーーーーー83lineーーーーー

イトゥク【本名:パク・ジョンス 

f:id:heeperoperox:20180531205321j:plain

我らがリーダー!綺麗で線も細く、中性的な雰囲気だけれど、こいつ以外リーダーはいない!という圧倒的リーダーシップがあります。こんなめちゃくちゃなメンバーをまとめられるのはお前だけだ…。この人は、とにかく負けたくない、売れたい、誰よりも成功したいという気持ちがめちゃくちゃにあり(東方神起のデビューが決まった時に超泣いたというエピソードすき)その負けん気の強さがグループを引っ張っている。

進行上手で、最近はとにかく色々なMCをさせられまくっている。とにかくスピーチが上手い。授賞式でのスピーチ(大抵グループのリーダーがやる)の上手さは筋金入り。少女たちの大統領という異名がある。涙ナシでは見られない2011年MAMAの大賞受賞スピーチ(レコ大の一番いい賞取った感じ)↓

www.youtube.com

芸名は「翼を失った天使」とかいうなんだか厨二病っぽいノリからきているのだが、最近はまじで儚すぎてファンから「とにかく消えそう、ご飯食べて」などと言われている。

f:id:heeperoperox:20180531205331j:plain

と、儚くてスーパーリーダーな部分ばかりになってしまいましたが、めちゃくちゃ騒ぎ好き。バラエティなどでは一番ガヤガヤ騒いでるし声もでかくてうるさい(ほめてる)

 

 

ヒチョル【本名:キム・ヒチョル】

f:id:heeperoperox:20180531212531j:plain

俺の心を掴んで離さない唯一無二のアイドル。とにかく人に合わせたりとか絶対しない。俺は俺、俺の正しいと思った道を突き進む。ゆえに事務所批判なども平気でする(カッケー!)。元々、事務所に入ったのも適当?だし、俳優志望だったのでアイドルめっちゃ頑張りたい!というよりはみんなで楽しく遊ぼうぜ〜!という軽いノリだが、いい感じに気が抜けていていいと思う。しかしファンのことはめちゃくちゃ大事にする。

圧倒的顔面の美しさ、気の強さで初期は弟たちからめちゃくちゃ怖がられていた。自分のことをシンデレラと呼び、ファンからはレラ様と呼ばれていた。自分のファンのことを花びらとか呼んでいたこととかもあった。端的にやばい。

f:id:heeperoperox:20180531220251j:plain

ヒチョルの女装はすごい

ドンへのお父さんのお葬式の帰り道の交通事故の後遺症が残っており、ダンスをバリバリできないので、曲の後半から急に登場したりする。(ファンからはそのことを重役出勤とか言われてる。すき)日本のアニメや漫画が好きな重度のオタク。タイピングとか死ぬほど早い。空港ファッションとか話題。

f:id:heeperoperox:20180531212535j:plain

て、天才て…

 

ーーーーー84lineーーーーー

イェソン【キム・ジョンウン】 

f:id:heeperoperox:20180531205114j:plain

ボーカルの要。芸術的な声帯とか呼ばれてる。確かに、かなり掠れたような美声で、こういう歌声のアイドルはあまりいないと思う。愛称は兄さん。本名が某国の某総書記と一致しているため、間違って顔写真が外国の新聞に載ったことがある。可哀想。

目の細い一重が印象的なアジア的美で、ハマる人はとにかくハマる沼。本人も美しい自分が大好きなので、常に自分磨きをおこたらず、推しだったら本当に楽しくて推しがいがあると思う。性格もずっと黙り込んでたり、いきなり笑ったり、いきなりキレたりと全く掴めない。というかメンバーもあんまし良くわかってないと思う。沼。

f:id:heeperoperox:20180531205120j:plain

最近はまじのSNS中毒で、とにかくインスタ更新が激しい。めちゃくちゃ自撮りの神。推しもイェソンに撮られるとまじで意味わからないくらいの加工ぐあいのイケメンになる。グループ愛がめちゃくちゃ深いのにSJが死ぬほど売れていた時に兵役に行っていたのが未だに可哀想。イケてるんだけどなんだか残念という部分が兄さんのポイントだな(ほめてる)

f:id:heeperoperox:20180531215956j:plain

こーゆーとこ

 

ーーーーー85lineーーーーー

シンドン【本名:シン・ドンヒ】 

f:id:heeperoperox:20180531220027j:plain

「私スーパージュニアが好きなんだよね〜」というと「あ、あの太ってる人がいるグループだよね?」と言われる率85%くらい、その太ってる人シンドンです。が、ファンはほとんど気にしていない、なぜならシンドンはめちゃくちゃ踊れるしめちゃくちゃ面白いしめちゃくちゃ賢いし、全体に混ざると太っているとか全く気にならなくなる不思議だから。バラエティなどでの振る舞いは、頭の良い人の笑いの取り方という感じがして、サンドイッチマンさんなどを彷彿とさせる。

f:id:heeperoperox:20180531220054j:plain

もちろん食いしん坊キャラ

私は彼がいることで、スーパージュニアってすごく多様な個性の集まりなんだな、って感じが一気にするところがすごいと思っている。最近は監督の才を発揮して、コンサートの演出とかMVを撮ったりしてる。将来映像方面などもやってみたいらしい。

f:id:heeperoperox:20180531220146j:plain

 

 

 

ーーーーー86lineーーーーーー このあたりがまあ真ん中ライン

 

ウニョク【イ・ヒョクチェ】

f:id:heeperoperox:20180531220213j:plain

宝石美男みんな大好きイ・ヒョクチェ。よくメンバーからブサイクいじりをされているが圧倒的なファッションセンスやメイク、さらに元からのスタイルの良さで激イケアイドルと化している。とにかく頭小さすぎ、手足長細すぎ。なのに部屋でひとりでカップラーメンなぞ食べていたりして小動物すぎるし可愛すぎる。

f:id:heeperoperox:20180531212500j:plain

ダンスが上手くてダンシングマシーンと呼ばれてる。メジャー曲の途中でソロや何人かで激しく踊ってるのは大抵この子。指先までピンと神経の通った正確で美しいダンスが特徴。

f:id:heeperoperox:20180531205340j:plain

おかんにご飯たべさせてもらってる…

めちゃくちゃ優しくていい子で、よくドッキリとかかけられて泣いてる。繊細ないい子なんだよ…守ってあげたい…。まぎれもない陽属性で、友達思いだし後輩思いで他グループの知り合いもたくさんいる。端的にいうと運動神経が良くて屈託がなく明るい、小学校のクラスで一番人気の男子。

 

 

ドンへ【本名:イ・ドンへ】

f:id:heeperoperox:20180531212503j:plain

みんなの彼氏。とにかくイケメン、存在がイケメン。一挙手一投足が彼氏っぽい。練習生時代、女子に一番人気だったらしいし取り合いが発生していたというけど、まじでわかる。あまり口数が多くないので、何考えてるか全然わからなくて高校生の女子とか追いかけたくなるんだろうなー。なんだけど、マイクを忘れてステージに立ったりバラエティで口をぽかーんと空けてたり、とにかくアホっぽいのでアホの子とか呼ばれてる。控えめに言って最高。

f:id:heeperoperox:20180531212512j:plain

か、かわい〜

かなり感性派でよく失恋曲の作詞作曲などをしている。雨に打たれたり、泣かせたり、切ない顔をさせたら天下一品。

ダンスも上手だけど、ウニョクが正確に踊るのに対し、感性でどんどんアレンジしていく(最新曲とか振り入れされたその日にアレンジしてた)それがまあ、運動神経が上手い人のダンスって感じですごく良い。

f:id:heeperoperox:20180531212525j:plain

最近はいじられキャラとしてバラエティなどでも大活躍中です。

 

 

シウォン【本名:チェ・シウォン】

f:id:heeperoperox:20160818003041j:plain

このお方はですね、財閥の御曹司です。とてもお金持ちで、最近はユニセフのご活動などに力を注いでいらっしゃって、庶民とは一味違うお方です。除隊後初めてのお仕事もベトナム?かなんかのユニセフ活動でした。

f:id:heeperoperox:20180531212517j:plain

スタバを持ってただ歩いているだけでも漂う御曹司の風格

SJのセンター。とにかく顔が完璧なので、真ん中にポンと置くとグループがめちゃくちゃ締まる。どのくらい完璧かというと、外国の雑誌の「世界の美しい顔ランキング」みたいな良く日本でも何位に誰々が入りました、とかで話題になる、あのランキングで世界二位になりました。外国人の女性を隣に置いたりしても全く遜色がなく、まさにハリウッドクラスの良い顔。俳優として単独ですごく売れている。しかし馬面なので、馬とか呼ばれている。

しかし、他にも顔がいい人はいるにもかかわらず、この人をセンターにするということで、スーパージュニアはなんだかスーツを着た大人っぽいお兄さん達という色が出るので完璧な戦略だと思う。

スキンシップが死ぬほど激しくて、シウォンが絡むとすべてが大変な絵面になる。

f:id:heeperoperox:20180531212507j:plain


 

 

ーーーーーここから現在兵役中ーーーーーー

ーーーーー87lineーーーーー マンネ(末っ子)ラインに突入します。

 

リョウク【本名:キム・リョウク】

f:id:heeperoperox:20180531220446j:plain

男子とは思えない伸びの良い高音領域担当。とにかく乙女でスッピンを見せるのを嫌がったりする。昔は草なぎ剛と呼ばれていたが、顔がふっくらとし、おかっぱ頭にしたので完全に離脱した。

初期の頃は天使のようなホワイトマンネ(と思われていた)だったが、年を経るにつけズケズケと物を言うようになり、最近はキュヒョンの影響で完全なブラックマンネと化している。強い。あたかも結婚前はめちゃくちゃ優しくて天使だった彼女が結婚後夫を尻に敷いている光景を見ているようだ。

f:id:heeperoperox:20180531220801j:plain

ちなみに、私は兄さんとドンへはキャラが読みづらいと思っているけど、多分一番読みづらいのはこの子だと思う。なんていうかものすごくアイドルである自分とプライベートの自分を切り離していて、かつ自分のアイデンティティを全然グループに置いてない感じ。元々、めちゃくちゃ性格の強いヒョンたちが突っ走ってるって感じだったので色々ポジションも大変だったのでしょう。そんな子が「いつしか自分がグループを支えなきゃと思うようになった」とか言った日にはわたしゃ感動で泣いた。深刻な雰囲気になってしまったが、リョウクちゃんはめちゃくちゃ可愛くていい子です。

f:id:heeperoperox:20180531220525j:plain

JKよりJKらしい

 

ーーーーー88lineーーーーー

キュヒョン【チョ・ギュヒョン】

f:id:heeperoperox:20180531220840j:plain

圧倒的毒舌マンネ。賢くてとにかく毒舌。頭の回転が早くて、ニヤニヤ笑ったりしてて、頭の弱いヒョンたちを口で完全に負かしている。そんな感じなので鬼畜というかドSの香りがするので、そういった方面での需要もありがち。真面目な顔をするとしっかり格好いいよ。

f:id:heeperoperox:20180531220902j:plain

私は最初、キュヒョンの顔から完全に入りました。しかし、この辺りもお直し済みなことを公言していたりしてそのあたりの自由なおおらかさも本当に好き。

ゲームオタクで、キャラなのか良くわからないが童貞ということになっている。確かに男子とつるんでいるところはよく見るし本当に楽しそうだけど(東方神起チャンミンと仲良し)、たまにステージで見せる女子との絡みは完全にぎこちない。私の中では顔の綺麗な理系オタクというイメージ。愛おしい。

f:id:heeperoperox:20180531220928j:plain

 

 

③いなくなっちゃったね…

一応、昔の映像などを見て誰??っていうことにならないように、サクッと今いないメンバーを紹介します。

 

f:id:heeperoperox:20160818001731j:plain

ハンギョン

SJ唯一の中国人メンバーだったが、待遇などがあまりに辛すぎて2010年くらいに中国に帰ってしまって今は中国で活動中?。美しい顔立ちなんだけど、ふにゃっとした笑顔と韓国語は可愛らしく、圧倒的パフォーマンス力で13億の奇跡とか言われており、元々はハンギョンがセンターだったくらいの逸材。韓国語分からないフリ芸などでバラエティなどでもとても面白かったので残念。ヒチョルととても仲がよくて、あの頃のヒチョルと仲良くできていたのは本当にすごい。

 

f:id:heeperoperox:20160818002349j:plain

カンイン

この人はまあ…悪く言おうと思えばいくらでも大変な記事が出てくるのでググってくれ。端的に言うと綺麗な顔のジャイアンで、太ったり痩せたりを繰り返すという感じです。デビュー直後からソロで活動していてソロタレントとしても売れていたため、チームの知名度向上に大きく貢献していた。ライブ映像を見てもらえればわかるのですが、まあ歌声がめちゃくちゃ良いし曲中の存在感もあるし、困った人なんだけど面白い人で、おそらくメンバーは彼のことを結構好きです。(飲酒運転で謹慎中ですが、現在でもグループに籍はあります。)

 

f:id:heeperoperox:20180531212449j:plain

ソンミン

歌える、踊れる、なにより曲の解釈が見事な演技派でライブに行くと目が離せない。可愛くて色っぽい部分もあってとにかく人気メンだし、ずっとアイドル優等生だったのですが、まさかの電撃結婚。そこまではファンもまあショックだけど応援しよう、というノリだったのですが、その後の本人および嫁のノロケ具合にファン激怒、その対応もグダグダでグループ脱退の署名活動などが起きるというなあ色々大変な感じ。私は割とどうでもいいのですが、あんなに優等生だった子がどうしてああいう行動をしてしまったのかに興味がかなりある。(活動謹慎という形ですが、現在でもグループに籍はあります)

 

f:id:heeperoperox:20160818003451j:plain

キボム

デビュー3年目くらいでフェードアウト。元々俳優志望だったので、拘束時間が長く過酷なアイドル生活がキツく、目指す方向性とも違かったのでしょう。事務所と揉めたりもしておらず、気づいたら活動に参加しなくなっていた。こういうことは韓国ではままあるのであまり気にしなくてOK。ちなみに顔はとても綺麗で存在感もあり、また年下メンバーながらヒチョルなどの年上メンバーにも率直にモノを言ったり冗談を言い合える大胆さがあって私は好き。最近激太りしてて泣いた。

 

 

以上!ここまで踏まえてもらった上で、まずはこんな動画を見ると楽しいです。

www.youtube.com

www.youtube.com

誰も汚せない歌声

かなり前に憤りと勢いで書いた文章です。ほとぼりも冷めたと思うので上げます。

 

Bolero、再録されたようですね。この名曲が眠っているのは本当にかわいそうなので、再録は本当によかったと思います。

私は2010年にファンをやめてしまったのですが、その頃所持していたDVDはいまだに懐かしみながら見たりしています。

History in JapanやAll About 東方神起、日本ツアーのDVDの1st〜4th、アジアツアーの1st〜3rd、その他にもズームインの密着のDVDや韓国のテレビ番組に出演した時の録画やMステ、紅白、MKMF、ドリコン、イル活も本国での活動も両方大切に見返しています。

 

特に、ライブはよく見返します。中でも、2008年のドリコンとMiroticのソウルコン、MKMF、そして2009年のThe Secret Codeは好きなパフォーマンスが目白押しで、挙げればきりがありません。

The Secret Codeのアンコール最後の曲はボレロでした。この曲は今までリリースされた日本語曲のバラードの中でも屈指の難しさの曲と言われ、歌番組では素人目に見ても上手く歌えていないなあと思う時もありました。特にソウルと日本の往復が激しく、日本日帰り日などに収録された(こんなスケジュールはざらにあった)NHKの番組などはみんな声が掠れていて、今でも見るたび心が痛みます。

夢の東京ドーム、初めて日本の地を踏んだときに「東京ドームでライブをしたい」と語っていた5人。Zepp Tokyo→武道館→さいたまスーパーアリーナときて、4年目にしてようやく踏んだ東京ドーム。文字通り血を流しながら韓国の男性アイドルの販路を切り拓いたグループの夢の到達地点のアンコール曲。

www.youtube.com

 

これに汚い声が混じっているなんて誰が言えようか。

カシビギの間では有名だったジュンスの変声期の話を今更すればいいのでしょうか? この曲の見せ場であるジェジュンは、日本で売れるために日本語で歌うときは声を変えて、韓国よりやや甘めの声をトレーニングしてわざと出していると言われていました。その方が日本では受けやすいからであり、その努力がグループの色を作りました。ユチョンのハモりは超一流です。メンバーで一番音楽に精通していたユチョンのハモりパートの安定感は素晴らしく、主旋律を歌うユノの優しい声を支える声色はどこまでも優しい。この曲のいくつかのパートはチャンミンのために作られています。誰にも真似できないハイトーンボイスで曲を圧倒的に厚みのあるものにするチャンミン。そして、私はこの曲の声はユノだと思っていました。ユノの優しい歌声と曲のニュアンスが合いすぎている。

この曲を歌っているこの時の2人の顔を見ても同じことが言えるのだろうか?いや、見たことがないのかなとか色々考えてしまいました。

 

これを貶すのは、それほどまでにこのパフォーマンスがある種の、この5人のマスターピースとして存在してしまっているからだと思います。しかしこれはこれ、それはそれ。5人が歌ったこの曲は、この5人の歌声に心酔していた人たちの、心の中にそっとしまわれています。今更ひっくり返して取り出してきてめちゃくちゃに貶さなくとも、これからは2人のボレロが歌われ続けるしそれを皆が聴き続けることでしょう。それで良いのではないでしょうか。

私は未だにこの日のパフォーマンスを心の中のある部分に大切にしまっています。厳しい状況に置かれていただろう5人の美しすぎる歌声はいつも私の心を打ちます。

せぶちフィルムコン覚え書き

フィルコン、最高だったーーーーーー!!!!!!

最近ライブ枯渇でシュンしていたので、久々にライブのせぶちの空気感味わえてとっても素敵でした。そしてあの子たち、パフォ力高すぎて何回見ても全く飽きない。あと、普段は基本的に双眼鏡で推し(ぶちゃ、ディノちゃん)のことしか見ていないので、強制的に他の子を見せられることによるウワー!!がとっても良かったです。テレビは大体カメラワーク一緒になっちゃうし、韓国版ライブ映像系は公式なのに画質がイマイチで細やかな表情とカメラワークがう〜んという気持ちもあるのですが、その辺は日本の安心感がありました。(慣れの問題?)とにかく気づきしかない。忘れたくないことだけ簡単にメモります。

 

・メイクが良い

そこかよという感じだけど、そして韓国のテレビ出演の時も良いけど、日本ライブのメイク、すこぶる良かったです。人にもよるけど、基本的にはお顔全体を真っ白に毛穴レスして、目の周りの超キラキララメ感しっとりブラウンアイシャドウで上下まぶたを濡れたように固め、キワのグラデーションとアイラインは濃い色でしっかりつけているので、一重の子も奥二重の子もおめめが本当に綺麗。目のキワに赤色入れてる子がいるのも素敵。アジア人のまぶたにおける完璧なメイクはおそらくセブチだと思うくらいメイク素敵すぎて頭がおかしくなりそうでした。そして急いでTHREEのウィスパーグロスフォーアイと、コスメデコルテのアイグロウジェムを買いにいきました。

 

・ディノちゃんのダン

私はもうディノちゃんが好きで好きでしょうがないのですが、この子のダンスの自由さ、柔軟さ、今にも空に羽ばたいていってしまいそうな少年の身体の軽さがとっっても好きなのであります。みんなダンスとっても上手だけど、ディノちゃんのダンスが一番個人的に好みで、ただ、この手のダンスにめちゃめちゃ恋した記憶があって、なんだっけ〜と思っていたら、日本デビュー版リプレイの時のテミンくんでありました。

www.youtube.com

私、この曲は韓国版から狂ったように聴いていて、あまりに好きすぎて、聴くとワーーーー!となってしまって、夜ベッドの中で泣きながら聴いていたりした思春期らしい気持ちの悪い思い出があるのだけれど、シャイニーの本格日本デビューが決まった時、リプレイだー!と大喜びしていそいそとデビューCD(ミュージックビデオDVDとセットだった)を買ってきたのですが、そのMVを観て心底たまげてしまったのです。というのも、このMVの2分33秒〜のラスサビにおけるテミンくんのダンスが好きで好きで、このシーンだけ何度も何度も見返したのでした。なんだかこのダンス、もともと上手なのは知っていたのだけど、少年と大人の間でしなやかな身体なのに技術が頂点突破しつつあり、今にも空に飛んでいきそうな感じがしませんか?私だけですね、これ誰にも共感してもらえたことがありません。テミンペンの友達何人かに力説したこともありますが、みんな???という顔でした。この足の動きに合わせてビュッという風を切る効果音が入ってるところとか最高すぎて頭おかしくなりそうなんだけどな〜

で、何が言いたいかというとディノちゃんのダンスはこの時のテミンくんのダンスを観た時と同じ感動を常に私に与えてくれてすごく好きだということです。あっ、2人のどっちが上手いとか好きとかそういう話ではなく、少年の傲慢で自由奔放なダンスと、大人の技術と節度あるダンスのバランスが神がかっていて、今にも空に飛んで行ってしまいそうな少年がとにかく尊いという話です。

 

・ぶちゃんのMC

いつものことですが、ぶーちゃんは言語関係なく本当にMCが上手で、もうフリートークの要のような存在で、私は見ながら「この子は絶対に食いっぱぐれない…!!」と100回くらい思いました。しかし、食いっぱぐれないというのは極めて重要で、それはパク・ジョンス氏とキム・ヒチョル氏を見ているとそれを凄く思うのです。アイドル出身のMCとしてムン・ヒジュン氏の跡をついでくれ…!と唱えています。(顔が似ていると個人的に思っている)

 

・ウォヌくんは特別な男の子である。

ウォヌくんはなんでこんなに特別なのであろうか、と見ながらずっと考えていました。実は、私最後に名前を覚えたのがウォヌくんでした。(すみません)というのも、あまり前に出てくるタイプではないし、はじめのうちはキャラクターもつかみにくく……あ〜と思って色々なメンバー紹介ブログさんとかも覗いたのですが、大体同じようなことが書いてあって、あっみんなそうなのかな??とか思っていたのですが、過去の自分を殴りたい、なにもわかっていない。。

なんかよくわからないが素敵なのである。いかった肩とか、細いパンツが更にブカブカなところとかが、重めのまぶたから繰り出される視線の動きとか、超低音で時々掠れる声とかがとにかく魅せる感じがするのであったのです。特に夏は休み明けだからか、デビューしたての頃の映像と比べると、ちょっと気だるい感じ?も残っていて、その気だるさがとっても色っぽいのである。音楽番組の映像とかを見ながら薄々感じていましたが、今回のライビュで確定しました。とにかくものすごくオーラがあって、何だか特別な感じがします。ミステリアスだから? とにかく、クラスにいたら一番気になる男の子だし、まじで少女漫画の世界。

 

・ミュージカル路線

今回のライブ、最初全体曲(シャダなど)から始まり、色々あるも基本的にチーム別のパフォーマンスが続き、最後に全体曲に戻る体裁でしたが、そうしてちょっとライビュという距離をとって見て、あ〜セブチのミュージカル路線というのは本当に素晴らしいものだなあとつくづく思ったのでした。セブチのパフォがミュージカルっぽい最大の要因は「入りハケがある」という部分だと勝手に思っているのですが、この入りハケを利用した緩急ある舞台作りは、10人を超す大所帯グループだからこそできるものであります。せぶちゃんは、群舞もめちゃめちゃ凄いし、若さも爆発してるし、歌もすこぶる上手いしで本当に凄い。ただ、群舞とかは練習すれば(ある程度)できる上、この先忙しくなってくると13人集めてダンスをひたすら揃えるという作業はめちゃくちゃ困難になると予想されるし、若さはもっと若いグループが出てきた途端に失われるし、歌もなんか最近の子はみんなそこそこ歌える上、グループに3人くらい抜群に上手い子がいれば、知らない人がパッと見で見れば、なんとなく上手いグループっぽく見せることが可能なのである。しかし、このミュージカル感と演出力はまじで唯一無二、ナンバーワンかつオンリーワンであり、私は断固として(そしてモンペとして)この路線を突き進んで欲しいという願望を抱きました。コンセプトはなんでもいい、が、入りハケがあり、小物とかを使い、小芝居を入れるこのスタイルは私、今後も見ていきたい気持ちが溢れすぎて死ぬかと思いました。マンセー

 

・ノーファンのカメラワーク

頼む、私に編集させてくれ…!ここやねん!という部分がことごとく入っていなくて初めて見た時なきそうになった。2回目から慣れたけど。

 

・ミンギュ

今すぐ俳優をやって欲しい。刑事モノなら100回くらいは見る。元々顔の造形が凶器ぐらい良いのに加えて、眉毛を自在に扱えること、そして眉を寄せた時の演技がほんとうに良く、目線の動かしも絶妙に良く、良さしかないです。

 

しかし、言及してない子もほんとうに皆良さしかなかったです。以上、来年のライブが死ぬほど楽しみで今から震えます。

私がキム・ヒチョルと出会ったころ 2

前々回の記事の続きです。

 

私が、キボムの舞台のお祝いに来た、室内でぐるぐる巻きの不審者的キム・ヒチョルに出会ったとき、私が持っているスーパージュニアの全情報は以下の通りでした。

1、なんか東方神起の友達

2、なんか人数が多くて、太った人とかもいる

3、ソリソリが流行ってる

4、最近中国人が訴訟を起こした

 

ハン様が訴訟を起こしたのは、2009年の12月のことでした。東方神起の3人の後追い的に訴訟を起こしたことにより、なんだかSMは訴訟まみれの事務所であり、みんな我慢できないほどアイドルの扱いが酷いというイメージになり、「ほら、やっぱりヤバい事務所なんじゃん!」という論がトンペン内で加速したのを覚えています。

 

こんな時にぐるぐる巻きの不審者、一体なんなんだ…と思った私は、キム・ヒチョルという名前を知りました。シンデレラという意味不明のあだ名も、女装が恐ろしく美しいということを知りました。そしてヒチョルは、最近訴訟を起こしたと噂のハン様と、とってもとっても仲がよかったことを知りました。

真ん中のハンチョルのラブラブぶりがすごすぎて(1:30〜)、見ていて恥ずかしいくらいに……

付き合っている、という確信。

 

SJ初期のヒチョルは、正直メンバーの誰にも心を許していないようで、いたずらっ子だけど本心を話せる人は誰もいないようで、鋭いナイフのような危うさを持っていて見ていてヒヤヒヤすることが多いです。特に、ドッキリでわざと怒る演技をする場面などがよくバラエティーで出てきましたが、おそらく普段からこんな感じでメンバーにキレてるんだろうな…と思うような雰囲気で、正直弟たちにとっても、扱いにくいお兄だったと思います。もちろん、ジョンスにとっても。でも、ハン様の隣にいるときだけ、ヒチョルは心を許したように穏やかで優しい雰囲気で……

私が東方神起の解散騒動でどん底にいて、5人の情報を血眼で漁っているときに、奇しくもヒチョルも唯一のメンバー内親友であり理解者のハン様を失った悲しみでどん底にいたのでした。

 

ハン様を失ってからのヒチョルの苦しみ表明は、とてつもなくストレートでした。この人、いつも問題が起こるたびに率直に意見表明をしてよく炎上したりしていますし、歯に衣着せぬ物言いが仇となり、アンチが多くて大変そうでしたが、ハン様を失ってからのヒチョルの苦しみ表明経緯は、あまりに率直で、率直すぎて、こんなことまで言っていいのかしらと心配になるほどでした。

12月、訴訟直後、ヒチョルのcyのスキンが真っ黒に

そのまた直後、cy完全閉鎖

年末年始にかけ、音楽番組を欠席(確か、MCを降板したりもしていたような…)

cyに上げる文章も、痛切な悲しみがこもっていました。(ヒチョルの韓国語を私が翻訳機にかけて、適当に日本語を整えただけです。)

水魚之交

大変な時そばにきて 酒一杯交わした人がいないね
楽しい時そばにきて 共に笑った人がいないね
悲しい時そばにきて 一緒に泣いた人がいないね
毎日そばでどうのこうの 争った人がいないね

これはびっくりしたっけなあ…

客窓寒灯

一人で歩く練習 

ハン様の荷物が宿舎から運び出されたあとは、猫と自分ひとりだけの部屋に、開きっぱなしの扉のスキンにしたこともありました。

そして、4月ごろの、カムバ前のこの書き込みを見て、私は心底ヒチョルのことがすきになりました。

私には友達が一人いる
韓国語は下手だが、中国語をとても上手にする
歌はそのまま上手にするが、踊りは本当によく踊る
私は猫が好きだが、その友達は子犬が好きだ
私は料理をできないが、その友達は料理が上手だ
私は毎日悪口を言ったが、その友達は笑った

 

本当に..

過ぎてみると、よくしたことが一つもなくて…
本当に申し訳なく..
そばにいた時よくしたのが一つもなくて…


別に感傷的な性格ではないんだけど。。
そのまま取ったようで涙が出るのを、酔ったようだな…
ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ

そばに誰かいるということはとても大切で幸せなことだ

私は年を取って大人になってもそれを分からなかった

ところで
一歩遅れて.... 今は分かった.. 私、本当に..ふふふふ

ある時上手にするという話がわけもなくあるのではないようだ^-^
会いたい.. という言葉がこのような時使うようだ(-┏)

 

悲しいシーン撮る時もうまく出なかった涙が
今はあまりにも痛く流れる 

ハン様を失って、ギリギリの精神状態だったことがわかります。他のメンバーもショックは色々と表明していましたが、ヒチョルのものは、質が全く違いました。

そして涙のSS2上海。SS2は昨年から、ずっとハン様と一緒にやってきた舞台でした。訴訟の数日前まで、相変わらずの熱愛パフォーマンスを見せつけていました。

f:id:heeperoperox:20160828023636j:plain

 

きっと、色々思い出したのでしょう。そして、もういないということを実感したのでしょう。悲しみはひとしおだったようで…

f:id:heeperoperox:20160828020941j:plain

さみしそう…そしてShining Starでは…

f:id:heeperoperox:20160828021009j:plain

 

2010年3月、東方神起は最後の頼みの綱であった日本での活動を休止しました。私は信じられないくらいのショックで、しばらく(文字通り)泣きながら寝込みました。5人のいない日々なんて考えられなかったのです。そんな時だったからこそ、ハン様を失ってもがき苦しむヒチョルの表情が、とてもとても胸に刺さりました。

 

「 そばに誰かいるということは、とても大切で幸せなことだ」

一番大切なハン様を失って、メンバー内で孤立していたところから、メンバーがいる幸せをヒチョルは噛み締めたようでした。ハン様がいなくなってボロボロの精神状態だったときに、随分と弟たちに助けられたようです。その後の5月〜のカムバは、今までのヒチョルとは全く違うものでした。

www.youtube.com

BONAMANAの前座曲としてよくやっていたBoom Boom。放送された日、びっくり仰天しすぎました。

「ヒチョル、めちゃめちゃ踊っとる!!!!!!!!!!!!!!!!!!曲の最初から最後まで全部出演しとる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

www.youtube.com

「BONAMANAでは、正直微妙そうな関係だったジョンスとめっちゃ仲良さげな演出しとる!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

ソリソリの時には、曲の最後の方にだけチラっと出演するだけだったヒチョルが!

www.youtube.com

あんなに神曲のノラゴだって頑なに最後にチラッと出演のヒチョルが!

www.youtube.com

 

リパケのNo Otherでも、めちゃめちゃ楽しそうにしている!!!!!!!!!!!!!!!!!そしてメンバーと仲よさそうにしている!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

www.youtube.com

元から俳優志望だったヒチョルは、ダンスも歌もしっくりこないようで、ダンス担当や歌担当の弟たちに引け目を感じているようにも見えていました。そして、そんなこんなで、なんとなくメンバー内での居場所も作れなかったのか、作りたくなかったのか、そんな感じだったのだと思います。3集のタイミングで、キボムのようにフェードアウトしてしまいたい気持ちもあったのかもしれません。(宿舎から出て行った話もありましたし…)

しかし、4集のカムバでは、しっかりと自分の役割を演じきっていました。「アイドルなんだし当たり前だろ」と言われるかもしれませんが、ヒチョルにとっては、ようやくスーパージュニアとしてがんばる、という気持ちが芽生えたカムバだったように感じます。そして、メンバーを大切にするという気持ちも、同時に芽生えてきたようでした。

 

ハン様を失って、生まれ変わったヒチョルの輝きに私はすっかり虜になりました。ハン様と一緒にいた頃の閉じたガラスのハートの少年ヒチョルと、ハン様を失って生まれ変わってスーパージュニアのメンバーとして生きることを決意した大人ヒチョル、ひっくるめて全部全部好きになりました。

f:id:heeperoperox:20160828023501j:plain

強心臓での笑顔、本当に素敵だったなあ…

東方神起を失った穴はぽっかりと空いているけれど、ヒチョルが日々元気になっていく姿を見るのがとにかく楽しく、嬉しかったし、夏頃からは徐々に破天荒な言動も戻ってくるようになりました。東方神起の分裂騒動や、その後の3人の発言などについても、言うべきことはきちんと言ってくれました。とにかくヒチョルはどん底の私と同時期にどん底にいて、その後華麗な復活をとげて私の精神もそこまで引き上げてくれた存在なのです。神様はここにいたんだなあと思いました(宗教)

 

 

そして神様はその後も活動中なようで。

f:id:heeperoperox:20160828023156j:plain

おそらく、ユノとジェジュンのつながりには、何か、何かこの人がしてくれているような、そんな気がするのです。3人と事務所との大変で困難な問題についても、直接的な影響力はないにしても、神話兄さんとのつながりの場に同席したりと、何か、何かしてくれているような、本当に心の広く、深いお人なのでした。